2008年11月26日

#25 科学的武士道 ―日本大学のフットボール 5

 日本へ帰還後、なぜ虜囚になったかを考えた。竹本さんは基本を合理的に考える人であったので「自分は法に暗かったからだ」と気づき、日本大学法学部に入りなおした。1950年(昭和25年)コーチとなり、卒業し、米軍に就職したのちもコーチを続け、1957年監督を任された。1956年までの日大は1949年から4年連続最下位と低迷を続けていた。4ヵ年計画を建て、日本大学の系列校を中心にまず大規模なリクルートから始めた。この年、80数名の新入部員があった。しかし、フットボール経験者は都立西高の笹田英次さんのみだった。サンデー・コーチであった竹本さんはプレイブックや指示メモによってコーチングを行った。ちょうど「フットボールの父」と呼ばれるウォルター・キャンプ※がニュー・ヘブンの時計会社の勤めがあるため、かわりに練習を見てきた奥さんのレポートに基づきエール大学をコーチしたことと似ている。笹田さんがリーダーシップをとるようになってからは良い相談役となり竹本さんの意図を咀嚼してからメンバーに伝えるようになった。
※#2 site seeing 米田満先生参照

 優れた新人が入部した。先回までに紹介したエンド、篠竹幹夫。3、4人からタックルを受けても倒れず、必ず3、4ヤードゲインする大型ハーフ・バック小島(おじま)秀一。小島は山形県の新庄北高校出身で体が大きかったためキャンパスを歩いているところをリクルートされた。夏場はサッカー、相撲を行い、冬はノルディックで国体に出場したアスリートだった。ノルディックの距離競技の習性で走り方はすり足だったが、鍛えぬかれた足腰の強さを発揮しタックルされても数人を跳ね飛ばして進んだ。

 関西遠征し連戦して実力を蓄えた。甲子園ボウルの覇者関学との対戦は時期尚早とみる者が多かったが竹本監督は押し切った。立教との対戦が望ましかったが、当時はリーグ戦での対戦校にプレシーズンで挑むというのは常識の範囲外であったからである。関学は基礎がしっかりしており、スカウティングにすぐれている、というのが竹本監督の関学評だった。

 代々木八幡駅に近い初台の民家を借りて合宿所にしたのは1953年だった。生活をともにすることでチームワークが高まった。

 新しい攻撃フォーメーションの創造に力を注いだ。それまでのシングル・ウイング、Tフォーメーションの長短を比較した。

 @ シングル・ウイングは展開が遅い
 A Tフォーメーションはスピードを活かせる
 B アンバランス・ラインは相手がとまどう

 得た結論がアンバランスTフォーメーションだった。

 1954年(昭和29年)、少ない部費の中から16ミリカメラが購入された。2万5千円だった。同年の公務員の初任給は8千7百円である。マネージャーが対戦チームをスカウティングした。マネージャーの役割が重んじられていた。チームの主要メンバーがそう考えたからである。1955年、リーグ初優勝を事実上決定した立教戦の朝、主務の米原達朗は選手達の激しく高まった戦意を感じた。昂ぶりをこぼすことなく神宮競技場の控え室にそのまま持ち込みたいと考えた。もし、電車で移動したら外気のためにその熱気が消えうせることを危惧したからである。マネージャー全員にタクシーを拾いに走らせた。1、2軍を燃え立つまま神宮に送り込むことに成功した。監督に説明している時間を惜しんだ。相談したのは笹田と篠竹の2人だけで米原の独断に近かった。結果は大方の予想に反して日大の勝利になった。このあと残る法政戦に勝ち、駒を進めた甲子園ボウルが引き分けに終ったことはすでに述べた。

 甲子園ボウルでは同じ極点まで到達した両チームに勝利の女神も決断をためらった。

 チームの中心を担った4人は三国志の「桃園の誓い」のようにつどった。 卒業後、笹田は審判、篠竹はコーチ、小島は協会を担当して理事、米原はマネージャー指導、とおのおの役割を担ってそれぞれがやり遂げた。

 2度目のインタビューのあと竹本さんは生田の駅まで送ってくださった。手を差し出され握手をして別れた。握手している竹本さんのうしろにハワイの雲ひとつない青空が広がっていた。青空の悲しみが一瞬通り過ぎて、竹本さんが「サヨナラ」と言った。

 翌年のヨコハマ・ボウルで竹本さんと米田先生は数十年後の再会をされた。雑誌『タッチダウン』が二人並ばれた記念写真を撮ってくれた。それから短い時が流れ、横浜スタジアムにつきそってこられていたお嬢さんから竹本さんの訃報が届いた。

20081126.gif
竹本さんの描いたアンバランスT
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 05:52| 記事

2008年11月19日

#24 科学的武士道 ―日本大学のフットボール 4

 “BASIC”と竹本さんは何度もおっしゃった。外部には日大では何も教えないという話がある。しかし笹田さん※は「竹本さんからベイシックを教えられた。それは身につくと忘れてしまうものだからね」と言われた。
※竹本さん、笹田さんについては前回#23を参照。

 小脳運動。自転車に乗る、泳ぐ、歯を磨く、こうした行動の情報は小脳に保存されている。身体の自動的な運動を意識して行うことには困難をともなう。竹本さんは“BASIC”が小脳に蓄積されるまで練習を徹底された。練習中足を止めない、低さを維持する、スピードをつける・・・。パス練習はクォーターバックが目隠しして行なわれた。1955年は竹本さんの4年計画の仕上げの年だった。その猛練習振りは伝説化しており、以後の日大フットボールの原点となった。笹田さんをはじめとする1952年に入学した学年は鍛え上げられ4年生になっていた。

 丹生さんの「関学の話」#58「完敗」、1991年8月号掲載からの引用。
 「頭の中が真っ白になる―――という表現がある。・・・・・(中略)・・・・・。昭和30年(1955年)5月24日の火曜日、西宮球技場で日大に6−18と敗れたときの関学がそれだった。・・・・・(中略)・・・・・敗因は明白だった。ラインが押し負け、当たり負けたのがすべてだった。日大のブロックは低く粘り強かった。一人一人が自らの役割に忠実だった。前年と変わらぬ戦いぶりだった、と言ってしまえばそれまでだが、この年はもっと力が付き、もっと徹底していた」

 竹本君三さんは1920年(大正9年)、3月24日ハワイ、マウイ島生まれの二世である。2つのパスポートを持ち、時差がある日本では25日生まれになる。この年岡部平太により日本で最初にフットボールが紹介された。竹本さんにお会いしたのは2004年の3月、小田急線生田駅近くのDenny'sだった。ご両親は移民が多い広島の出身で日本語学校の先生をされていた。結婚後1880年(明治23年)頃に布哇(ハワイ)に渡られた。竹本さんは5男2女、7人兄弟の末弟である。マウイでは日本人は肩を寄せるように村落のなかで集まって生活していた。犯罪の少ない土地柄だった。西海岸の日系人移民の人たちも法に従い重犯罪を犯すものはほとんどいなかった。地元の8年制の小学校に通い、4年制のマウイ・ハイスクールを卒業した。島に高校は2つだけだった。小学校、ハイスクールでバレーボールをし、バスケットボールにも触れた。タッチフットボールはハイスクールのチームでプレーした。時にはタックル・フットボールも行った。ハイスクールを終了するとお父さんが「日本に行きなさい」と言った。当時は円安で日系移民の人たちは師弟を日本に留学させることが多かった。

 「Buddhismのhouseがあって、そこに入りました」と竹本さんは話された。1939年(昭和14年)、ホノルルから立田丸という船に乗り10日後に横浜に着いた。竹本さんの「Buddhismのhouse」はソーシャル・ハウスと呼ばれ本願寺教団が運営していた。アメリカからの留学生を受け入れるとともに日本からの移民の手助けを行った。移民が多かった県は浄土宗がさかんであったところが多いと言われている。ソーシャル・ハウスは寄宿舎のような施設で、異なる大学の留学生が一緒に生活していた。共同生活での学生間の交流により東京の大学にフットボール・チームができて行った。最初に明治大学、次に早稲田大学にチームができた。これに立教大学を加え1943年(昭和9年)ポール・ラッシュ博士が東京学生アメリカンフットボール連盟を結成したあと、翌1935年、関東で慶応大学、法政大学が、関西で関西大学が創部した。1938年に関大アメリカンフットボール部の創部者、松葉徳三郎の協力の下、東西合同の日本米式蹴球協会が結成された。松葉は関西支部長となり関大に続く関西のチームの創部を応援団ルートを通じて働きかけた。そうした活動の中で1940年、同志社大学アメリカンフットボール部が誕生した。翌1941年、戦前最後の創部が関西学院大学で行われた。日本大学は同志社と同じ年、1940年に部をスタートさせた。

 竹本さんは来日した1940年日本大学の拓殖農業科に入学した。ハワイで日本語学校に通ったが日本語の負担の少ない学科を選んだ。同時に帰米後の仕事を考えてのことであった。明治時代の日本からアメリカへの留学生も同じ理由から大学の農学、酪農に進むものが多くいた。また創部まもない日本大学アメリカンフットボール部に入部した。ポジションはフル・バックとハーフ・バック、パスも投じた。

 1940年、日本協会は秋のリーグ戦に先立って競技名を「米式蹴球」から「鎧球」とした。悪化する日米関係を配慮しての措置であった。初代監督は明治大学ラグビー部出身の笠原恒彦だった。ラグビーの名選手であり映画俳優だった。リーグに参加したばかりの日大だったが、初年度は33名と部員も多く健闘して法政、立教と引き分け、5位になった。翌年は同率ながら2位タイと躍進した。

 しかし開戦後まもなく戦況が悪化し、卒業が繰り上げになった。1942年、徴兵され広島で検査を受け入隊した。陸軍の憲兵隊であった。配属地はニューギニアだった。語学力をかわれて通訳をした。ケイ・キチールというインドネシア語で「ちいさい島」という意味をもつ土地が駐屯地だった。そのうちマレー語、オランダ語もできるようになった。敗戦にともない捕囚の身となった。収容所で必要にかられインドネシア語もマスターし、通訳をした。収容生活は戦後も続き、釈放されて帰国したときは1948年になっていた。兄が日系人で編成されアメリカの部隊のなかでもっとも勇敢で一番死傷率の高かった442連隊※に志願し奇跡的に生還していたことを帰国後知った。
※442連隊:第2次大戦中、日系人のみで編成されたアメリカの部隊。日本とアメリカが交戦国となったためアメリカ在住の日系人は強制収容された。二世たちはジレンマの状況下で志願し、442連隊に入隊した。ヨーロッパ戦線に配属され、221人を救出するため800人の死傷者を数えるというような多大の犠牲をはらい、同朋のため、そして名誉と誇りをかけ勇敢に戦った。最強の部隊とよばれその累積死傷率は314%といわれている。

20081119.jpg
1941年の日大チーム。前列中央#28は竹本さん
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 00:12| 記事

2008年11月13日

#23 科学的武士道 ―日本大学のフットボール 3

 11月9日は朝から冷え込んでいた。早朝、刷くほどのかすかな霧雨が通り過ぎた。全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会の関西地区準決勝2試合が王子スタジアムで行われるので出かけた。阪急神戸線で、王子スタジアムの一駅手前、六甲で降りる。先日、古書店に頼んでおいた矢内正一著、『一隅の教育』を受け取るためである。その前にコンビニで神戸新聞を買う。古川明さん※の自伝、「わが心の自叙伝」の掲載が9日の日曜日から神戸新聞で始まったからである。来年にかけ30回に渡って連載されるという。古川さんのイニシャルは、A.F.つまりアメリカンフットボールである。終戦後のタッチフットボール伝来以来、フットボールとともに歩んでこられたので自叙伝は戦後の日本のフットボール史そのものの貴重な記録である。
※ #3 高校フットボールとNOBLE STUBBORNNESS参照

 前回の小笠原秀宣さんからお聞きした話を続ける前に少し長くなるが紹介しておきたいことがある。#6「ダックのセカンド・ネームは」で登場いただいた丹生恭治さんが雑誌『タッチダウン』に1984年から1993年にかけて10年間書き続けられた「フットボール夜話―関学の話」という連載についてである。このシリーズは丹生さんが関西学院中学部1年生から大学4年生まで学院に在籍された10年間のことを同じ10年をかけられ綴られたものである。2006年のDVD『FIGHT ON, KWANSEI』制作のとき、チームのOBの人たちはよく「ファイターズのDNA」ということばを使った。「フットボール夜話―関学の話」を今回読み返してみるとこの連載はまさにDNAそのものを記したものであることを改めて認識することになった。

 今回須山さんとお会いした目的のひとつは丹生さんが「関学の話」の中で、須山さんから聞き漏らされたと書かれているお話を聞くことにあった。大学卒業後丹生さんが現役の記者時代、国立競技場で須山さんにインタビューされた。その内容を「関学の話」の以下に書かれた。
#51「日大との出会い」、1990年9月号掲載、
#58「完敗」、1991年8月号掲載、

@須山さんが最初のゲームでプレーをしたかどうか?
(このゲームは1954年9月6日に行われ、25対7で関学の勝利。関学と日大が最初に出会ったゲームである)
A関学を破ったことは日大および関東の大学でどう受け止められたか?
(このゲームは1955年5月24日、6対18で関学が敗れた)
の2点が確認されていないことがらの主たるものであった。

@について
 須山さんはスターターではなかったがゲームの大半、クォーターバッキングをされた。タッチダウンのプレーは須山さんのときであった。
Aについて
 関学にとってはいささか肩透かしの感があるのだが、日大に甲子園ボウル連覇の覇者に勝ったという多少の感慨はあったにせよ、激戦の関東学生リーグ、特に王者立教を倒して優勝しなければならないため、勝利を評価している余裕がなかった、というのが実情であった。また当時の情報伝達力には限界があり日大の勝利は、それまで関東4連覇中の常勝立教には伝わらなかった。リーグ戦前の関東の新聞各紙予想は立教の5連覇を確実視していた。事実、日大はリーグ第3戦の慶応と引き分け、この時点でメディアの中には立教の5連覇を信じ、そう報じたものもあった。つまり日大はリーグ戦中盤になっても慶応に次ぐダークホースの位置にあった。しかしこのあと大方の予想に反し、リーグ第4戦で立教を破る。最終ゲームの法政戦を残してはいたが、法政の戦力からみて日大の勝利確実という見通しが立って始めて日大優勝の可能性濃しという記事が書かれた。

 須山さんは日大一高のフットボール部のご出身である。1952年から監督になられた竹本君三さんが日本大学の系列高校にフットボール部を創ることを考えられ、最初に創部されたのが日大一高であった。指導に来校したのはのちに日大の監督になる大学1年生の篠竹幹夫さん※だった。日大一高においてタッチフットボールは後発の部であった。そのためスペースがなくコンクリート張りの場所で練習しなければならず、満足なタックル練習もできない状態であった。結果として試合はずっと無得点で敗れた。その中から須山さんはライスボウルの高校関東選抜に選ばれているのでいかに抜きん出たプレーヤーであったか想像は容易である。ぬかるんだグランドでもバランスを崩さない足腰の強さは定評だった。かつてプロ野球の西鉄ライオンズに怪童と呼ばれた中西太という巨躯(きょく)のスラッガーがいた。中西は腕っ節も足腰も強く雨でゆるんだ軟弱なグランドでも沈むことなく楽々と走塁できた。須山さんの話をOBの方からうかがったおり中西太のことを連想した。おそらく生来の素質に加え代々お祭りの御輿をかついでこられたことでさらに強化されたのであろう。
※ #4 長浜 滋賀県のフットボール その1 参照

 小笠原さんの話によれば、日大はかなり早くから練習や試合中に水を補給しいたことがのちに分かったそうである。日大のゲーム終盤になっても衰えないフィットネスはこうしたことによっても支えられていた。以下カッコ内は「関学の話」、#51「日大との出会い」からの引用。
 
 「昭和29年(1954年)9月6日※――。関学が日大と初めて出会ったのは、この日である。・・・(中略)・・・ さて、その次の日。西宮球技場に日大を迎えた私たちは、予想もしない大苦戦を強いられた。秋のシーズン開幕第1戦ということで、張り切ってはいたのだが、相手に対する認識がいささか欠落していた。それに合宿の疲れが抜け切っていなかったし、真夏同然の猛暑もあって疲労困憊のゲームだったことが、昨日のことのように思い出される。暑さとか合宿明けという点では、日大も同じ条件だった。それだけに肌で感じた相手のタフネスさ加減には、心底不気味さを覚えたことも白状しておく」
※東西学生リーグとも当時は早くて9月末ないしは10月になってリーグ戦が始まったので、こうした9月上旬のプレ・シーズン・ゲームを組むことができた。

 小笠原さんは1965年(昭和40年)のご卒業である。この頃でもまだ日本のスポーツ界では水を飲むことはタブー視されていた。コンディショニングのため、あるいは安全確保のために水を補給するということが一般化するのにはまだ数年を要した。1970年前後にゲータレードという商品名に代表されるアメリカの機能性飲料が紹介されようやく知識が広がり始めた。小笠原さんによれば甲子園ボウルで対戦する日大は後半になっても動きが落ちず、最終局面になって突き放されたという。

 このゲームのとき日大2年生で、のちにキャプテンを務められた笹田英次さんに日大がいつから水の補給をされ始めたかをお聞きした。笹田さんのお答えは1954年(昭和29年)、つまりこのゲームの年からである。監督であった竹本君三さんは日比谷のアメリカ文化センター※に通い“Athletic Journal”などを研究され、最新のフットボール情報を得ておられた。昭和20年代、すでに水分を補給することの有用性を知り、実行されたと考えられる。竹本監督はアンバランスTというフォーメーションを考案されるなど創意工夫に富んだ方であった。
※GHQ(連合軍最高司令官総司令部)のCIE(民間情報教育局)は日本全国に23のCIE図書館を設置した。主要都道府県の中央図書館を接収し、アメリカ文化の浸透を計るための政策を実施した。1952年に米国防省に移管され13のアメリカ文化センターとなった。そののち1972年にアメリカン・センターの名で再編成され、札幌、東京、名古屋、京都、大阪、福岡の6ヶ所にしぼり込まれた。アメリカの雑誌、本などが豊富に備えられており一般にも公開された。したがって長くアメリカ情報の窓口として利用された。筆者も学生時代に利用したことがあるが現在はどうであろうか。

20081113athleticjournal.jpg
写真は“Athletic Journal”のフットボールに関する記事を集めた本
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 01:05| 記事

2008年11月02日

#22 科学的武士道 ―日本大学のフットボール 2

 11月1日はフットボール日和だった。西京極陸上競技場へ関学のゲームを見に行った。1時頃着くとバック・スタンドは、ほぼいっぱいになっていた。最近関学サイドのスタンドは満杯状態が多い。例えば王子スタジアムのバック・スタンドでは収容し切れなくなっている。いつも一緒に観戦させていただく方々がざっと見渡しても見つからなかった。少し上段の席を捜したが空いていないように見えた。しばらくして席に荷物を置かれていた方が空けてくださった。その方にお話を聞くと第一試合から来ておられたとのこと。今日は朝から所用があって家を出るのが遅くなった。

 第一試合が終って少ししたところで携帯に「フットボールの神様」から電話が入った。大藤 努さんだった。大藤さんは前回書いた1955年(昭和30年)、第10回甲子園ボウルの関学のエース・ランナーだった方である。ファイターズの65周年DVD製作の時、米田豊さん※からのご紹介でたいへんお世話になった。DVDに出てくるフォーメーションは大藤さんが私の取材ノートに書かれたものをそのまま掲載したものである。
※ #5 米田 豊さんインタビュー参照

 すぐに電話を替わられた。出てこられたのは木谷 直行さんだった。木谷さんは大藤さんと同級生で4年生のときはキャプテン、第10回大会のときも実質的なチーム・リーダーであった方である。学業では一番、卒業生総代、スポーツにおいては甲子園ボウル3勝1分け、1分けは両校優勝なので都合4回優勝され、文武両道の人として半ば伝説化した方である。昨日、取材をさせていただいた。超一流の大企業に就職され要職に就かれながら、ファイターズの監督もされた。ラグビーにおける宿沢広朗氏と似たキャリアである。監督のときも現役時代と同様に甲子園では不敗であり、強運の持ち主である。また、チームマネージメントにおいてもすぐれた手腕を発揮された。ファイターズが個人商店ではなく企業のように運営されているのも木谷さんをはじめとする方々のリベラルな考え方によっている。

 木谷さんとは昨日お会いし、インタビューをさせていただいた。お話は理路整然としていて、こちらの意図を理解された上で話を展開されるので、ほとんどの時間、記録に専念できた。脱帽である。昨日お願いした資料のコピーをもってきたのでこちらへ来ませんか、というお誘いであった。木谷さん、大藤さんが座っておられるまわりは大先輩ばかりである。大藤さんの慫慂(しょうよう)でお二人の間に座らせていただくことになった。ゲームの経過とともにお二人が一言、二言、ぽつんと言われることがすべてポイントをついている。関西学院の中学部からフットボールをされ、その後も長く見守ってこられたので当然といえば当然なのだが、根底に非情に暖かいものがあってこんなに気分よくフットボールを観戦したのは初めてであった。

 大藤さんは現役当時、常にラッキー・ボーイと呼ばれた方である。鋭い勘をお持ちなのと観察眼が優れておられるので、人より何歩も先のことが見えているようである。その走りっぷりは現役時代、カニ走りと呼ばれ真横にカットが切れたらしい。この話は木谷さんからお聞きした。過去にそのような走り方ができたのは私の記憶の中ではただひとりである。現在、ファイターズのコーチ、小野宏さんである。西宮球技場でサイドラインから反対のサイドラインまで真横に瞬間移動したように見えたプレーが鮮烈な記憶として残っている。実際にはそうしたことは物理的にはないのだが、その魔法のようなシーンは今も目に焼き付いている。

 第3Q、7分を過ぎたあたりで、相手チームのパントになった。大藤さんが「パント・ブロック」といわれた。次の瞬間それが本当に起こった。第4Qが始まってすぐの頃、「QB、つぶせ」と大藤さんが叫ばれた。相手チームのQBが軽自動車がダンプカーと正面衝突したかのように関学のディフェンス・ラインに大きく吹き飛ばされ、その手から弾けるようにボールがバック・フィールドに転がり出た。ボールを追っているのは白いジャージの大きなラインである。#51が器用にボールを拾い上げると40ヤード、5秒5くらいのスピードでゴール・ラインに向かって走り出した。まわりを白いジャージがガードし相手の追跡を阻んでいる。そのまま60ヤードあまりを追いつかれることなくTD。先ほど関西学生アメリカンフットボール連盟のホームページで記録を確かめたら64ヤードだった。川島君にとっては初めてのTDではないだろうか。ディフェンス・ラインがタッチ・ダウンした距離としては新記録かも知れない。

 帰途、米田さんにお渡しするものがあって、ファイターズのグッズを売っているテントの前で待っていた。勝利は販促に最大の効果があるようで、テントの間口がすぐに人でいっぱいになりグッズが次々に売れた。

 米田さんとはそこでお別れしたが、帰路もフットボールの神様と同行させていただくことになった。今度はフットボールの神様が以前から顔なじみの小笠原秀宣さんになられた。西京極から十三駅まで40分ほどかかるのだが話がはずみ瞬く間に時間がすぎた。その間、小笠原さんから日本大学の科学性についてお聞きすることになるとは家を出るときまったく予想もしなかったことである。このことは次回に。

20081102book.jpg
木谷さんが高校生時代、勉強された“Functional Football”という英語の本。滋賀県立旧制彦根中学(現在、彦根東高校)のタッチフットボール部の方もこの本で学ばれた。
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 22:10| 記事

2008年10月21日

#21 科学的武士道 ―日本大学のフットボール 1

 日本大学が初めて甲子園ボウルに出場した時、クォーター・バックを務められた須山匡(ただし)さんにお話を聞かせていただいた。日本大学が最初に甲子園に登場したのは、1955年(昭和30年)である。葛飾柴又のお生まれなので、渥美清演じる車寅次郎の「帝釈天で産湯を使い」の世界におられる。3代以上続いた正真正銘のイナセな江戸っ子である。八代将軍徳川吉宗から拝領したという由緒のある地名と同じ名を持つ「お花茶屋」という駅が約束の場所だった。私と同じ大学の大先輩に旧日本海軍のファンで待ち合わせには必ず15分前に来られる方がある。私の父は海軍の将校だった。生前、海軍はそうだったという話を聞いていた。その大先輩と世代が近い方なので20分前に約束の場所に行ったらすでに待っておられた。大恐縮である。おまけに風呂敷一荷分の資料をもってきていだいている。アルバム、書籍と見当をつけて重さを推測すると10キロは優に越えていそうである。

 須山さんは1935年のお生まれだがぜい肉がなく背筋が伸び、フットボールのスタイルをすれば今でもそのままクォーター・バックの位置につけそうなたたずまいである。普段から江戸下町で町会、地域の世話をされ、祭礼などで年中忙しくされているので若々しく、こんな風に年を重ねられたら良いだろうな、という羨望を抱かせられた。重そうな荷なのでお持ちします、と申しあげたがお断りになり、あたかもサイドラインからスクリメージへ向かうようにさりげなく歩かれる。

 準備おさおさ怠りない方で、駅から近い公民館の会議室を予約されていた。お話をうかがうにはこれ以上の場所はないという静かな環境だった。職員の方が須山さんに気遣われる様子から常日頃、高い地域貢献をされているのが推察できた。

 大学のフットボールは卒業があるので、ベスト・チーム同士が合間見える機会は少ない。日本大学と関西学院大学も甲子園ボウルで昨年までに25回対戦しているが双方が最強だと思われる時に巡り合わせるということは少なかった。

 話題がそれるがNFLフィルムズはときどき面白い企画をする。記憶によっているので正確ではないかもしれないが、例えば1970年代に最強であったピッツバーグ・スティーラーズと1980年代に王朝を築いたサンフランシスコ・フォーティーナイナーズが対戦するという架空のゲームを過去のフィルムを合成編集して作ってしまったりする。日大と関学でいうならば互いに甲子園ボウル5連覇時の最強チーム同士が対戦したらどちらが勝つだろうかといったことになるであろうか。

 1955年(昭和30年)、この両校の甲子園ボウル初対戦のとき、最初にしてそれが実現した。日大は1952年(昭和27年)より4年計画でチーム強化をしてきた最終年であり、関学は中学部よりフットボールを続けてきた選手たちが大学生になりすでに甲子園ボウル2連覇という結果を残していた。そのメンバー全員が残り3連覇をめざし、さらにレベルアップしていた。この両チームが対戦することになった。当時の新聞の戦前評を見ると力は「五分と五分」と書かれている。

 2年前ファイターズの65周年のDVDを製作したときこのゲームを取り上げた。完成までの時間が限られていた。DVDなので映像がいるのだがテレビ中継が始まる前年なのでもちろんビデオなど残っているはずもない。当時映画館でよく上映されたニュース・フィルムにも当たったがそれも見つけることができなかった。動きが欲しかったので架空のラジオ実況放送のかたちにした。入手できた写真は7枚。試合の経過のあらましは新聞などに残っていたのでシナリオを書いた。スポーツ実況放送の草分けであり名スポーツ・アナウンサーと言われたNHKの「志村正順」調が望ましいと思っていた。ナレーションを担当していただいた読売テレビの牧野誠三アナウンサーは初見でそれを理解され、あたかも目の前のゲームを見ているかのように台本を活かしてくださった。牧野さんは1990年代、関学・京大戦をはじめとする学生フットボールのアナウンスを長くされた方である。

 この試合は展開を追っても選手個々の能力から考えても、甲子園ボウル史上に残る好ゲームだった。第4クォーター残り40秒、20対26、関学は6点のビハインド、攻撃は自陣18ヤードから。そこから同点に追いつき、事実がフィクションを越えた。前回書いた昭和20年代前半と異なり新聞はページ数を回復しつつあった。フットボールも写真入りで掲載されている。当時の新聞を読むとそれだけで背が熱くなる。

 ずっとこのゲームの日大のクォーター・バック、須山さんは当時1年生だったと誤解していた。やはり日大には怪物のようなアスリートがいると思った。連想したのは1980年代、同様に1年生からスターターを務めた松岡秀樹さんのことである。4年生の時はリーディング・ラッシャーでリーディング・パサーだった。3年生くらいのころ、秋季リーグ戦で脚を捻挫し、ゲーム前、平服の時は脚を引きずっているのを見かけていた。ところがスタイルをしてゲームが始まるとトップ・スピードで縦横に走るのを見て衝撃を受けた。その当時はテーピングが今ほど発達していたのかどうか定かではないが想像を越えた領域にそのプレーはあった。

 最近1953年度のライス・ボウル(1954年1月1日)のメンバー表を見ていて誤解していることに気づいた。ライス・ボウルと同日に行なわれた選抜の高校東西対抗戦のメンバーに須山さんが選出されていたからである。従って1955年11月23日の甲子園ボウル時点では2年生である。誤解がとけても、すごいという印象は減ずることはなかった。一度直接ご本人にお話をうかがいたい、と思ったのはそうした理由からである。ファイターズOB会のご協力でお会いできる運びとなった。
⇒#8「関学と日大」参照
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 21:35| 記事

2008年10月14日

#20 取材ノートから @ ―北稜中学校タッチフットボール部、最後の一人―

 昨秋から、一刀(いっとう)康弘さんと言う方と大阪市立北稜中学校のタッチフットボール部の歴史を調べている。ことのはじまりは関西学院中学部が、北稜中学と1951年(昭和26年)11月6日に行なったゲームにさかのぼる※。一刀さんは北稜中学の三期生であり、同時にタッチフットボール部においても三期生になられる。北稜中学は戦後の新制度でできた中学校で1948年(昭和23年)に創立された。この時期は学制の新制度と旧制度の切り替え期間にあたっており、学年構成が以上書いた通りには単純ではない。それについては後述したい。
※以下の段落にいたるまでの経緯については#6を参照いただきたい

 一刀さんはご自分の前後の学年の連絡先が分かっている元タッチフットボール部員の方々や同窓会幹事に問い合わされ、先日その成果をレポートにまとめられた。当初はこちらがインタビューをさせていただいていたのだが、立場を代えて調べるほうにまわられ立派な記録にされた。幸いなことに北稜中学はタッチフットボール部ができた翌々年の1950年度(昭和25年)には卒業アルバムが製作されていた。クラスごとの写真に加え、スポーツと文化の部は部員の集合写真が掲載されている。しかし調査を始められた当初、昨今の個人情報保護法の壁にはばまれ、卒業アルバムを再閲覧することも峻拒(しゅんきょ)され大幅な回り道をされた。

 1950年前後は社会全体は貧しかったが、北稜中学タッチフットボール部の活動そのものは当時としては総じて恵まれていたと考えてよいと思われる。のちに述べるが北稜中学は実質的に大阪市立北第一中学としてスタートした。したがって最初にできた新制中学として物心両面で優遇されたと考えられる。第二次大戦後半から戦後にかけての長い期間は、物資が不足し新聞、雑誌などの用紙調達もままならない時代だった。1946年から1950年に当たる期間の大学フットボールのクォーター・スコアを調べるため、当時の新聞のマイクロ・フィルムを回したことがある。少なくともこの5年間はタブロイド版サイズで建てページ数がほぼ2ページか多くて4ページに限られ、よほどの大事件があったり、正月紙面となった場合にのみやっと増ページされるという状態であった。スポーツは紙面のほんの片隅で野球か相撲がわずかに扱われる程度だった。したがって学校の卒業アルバムも先立つ用紙がなくその時期はまず製作することが困難であった。関西学院大学ファイターズのDVDを制作した時、#18で触れたように学院史編纂室の池田さんにフットボール部が創部された1941年から戦後にかけての卒業アルバムを見せていただいたが1945年前後の数年間はアルバムそのものが存在しなかった。明治時代以降の新聞、出版など印刷物の歴史において定期の刊行物の発行が途切れたのは関東大震災後の数ヶ月のみである。

 前述したように現在の時勢から生ずる情報開示拒否という障害はあったにせよ、一刀さんは当時の方々の同窓会をいくつもまわられたり、部員だった方の情報を丹念にたどられ、写真と照らし合わせ順次姓名の確認を続けられた。人為的なさまざまな障害を克服し、地道な努力を積み重ねられた結果、少しずついろいろなことが解明されてきた。部員だった方の消息が一人また一人と分かるたびに一刀さんよりご紹介にあずかり、ともにその方にお会いしインタビューをさせていただいた。多くの新発見があった一方、あらたな矛盾や不明なことが多々でてきた。

 例えば最初に書いた「北稜中学は戦後の新制度でできた中学校で1948年(昭和23年)に創立された」というくだりは最初「1947年創立」になっていた。一刀さんが、再確認されたところ次のようなことが分かった。

 1947年4月
 大阪市立「北第一中学校」創立。新制の中学1年生が入学。

 1948年4月
 大阪市立「北第二中学校」創立。
 「北第一中学校」の2年生になった生徒は「北第一中学校」とこの新設なった「北第二中学校」の2校に振り分けられた。従って北第二中学は前年北第一中学に入学し、この年北第二中学に振り分けられた新2年生と4月入学の新1年生の2学年で構成された。この2年生の内、10数名が2学期になってからタッチフットボールを経験した。
         
 1949年4月
 「北第二中学校」は「北稜中学校」と校名を改称。
 一刀さんはこの年入学された。
 
 戦後の新制と旧制の学制切り替えが完了する1950年(昭和25年)まで、こうした複雑なできごとが日本全国で起こった。したがって

 北稜中学の一期生は、
 1年生のとき「北第一中学」に入学し「北第一中学」生として過ごし、
 2年生は「北第二中学」生になり、
 3年生は「北稜中学」生となり「北稜中学」第一期生として卒業したことになる。

 この間、校舎の仮住まい、移転なども加わり複雑なマトリックスが描かれる。そのために練習グランドも変わるということが起こるのだが、今回の記事で扱うには紙幅が足りないのでこの件はこの程度に留めたい。

 なお、北稜中学の1949年度(1950年卒業者、つまり第一期生)のアルバムは製作されていないが、幸運にも一刀さんがこの時期のタッチフットボール部員の集合写真を持っておられたので部の活動期間四年分の写真が全てそろった。しかし、インタビューさせていただいた方々のご記憶によれば写真に写っていない部員もいるようである。現時点で写真に残された4年間40数人の部員ほぼ全員のお名前が分かったが、おひとり名前の分からない方がおられる。ただ、まだすべての可能性が検証されているわけではないのでそれもいずれ判明すると思われる。

 「関西アメリカンフットボール史」の制作を契機としてこれまでフットボールにおけるさまざまな「なぜ?」を調べてきた。1947年(昭和22年)からの10数年間あまりの間にタッチフットボールを行なった新制中学校の名前を関西だけで20校あまり数えあげることができる。しかしそれ以後大阪などの地域では砂漠の砂の中に川が消えるように急激に活動を停止する。新制中学におけるタッチフットボールは長らく兵庫県の関西学院中学部、滋賀県長浜市立長浜西中学校、長浜南中学校といった数校のみが昭和20年代よりその活動を継続してきた。ここ数年タッチフットボールをする中学校が少しずつ増えてきているが、新制中学におけるタッチフットボールの消長も多くの「なぜ」のひとつである。しかし、これについては一刀さんのような強力な協力者を得て徐々に回答に必要な資料が集まりつつある。

 最後に以前の記事について一刀さんの名誉のためにひとこと付け加えたい。#6で1951年11月6日に北稜中学と関学中学部で行なわれた試合について書いた。最初に北稜がタッチダウンをあげたことを記し、経過にふれず最終スコアーのみを付け加えたので初得点のあとは北稜がワンサイドに押され、逆転負けをしたような印象を残すような文章となった。一刀さんの記憶によれば、

 「ハーフタイムに関学中学部のメンバーがコーチからかなりハッパをかけられていたことを覚えています。したがって前半は北稜がリードしていたと思う」

 とのことなのでこの機会にそのことを書き残しておきたい。もし異なる事実をご記憶されているか、あるいは当時の記録をお持ちの方があればご一報いただければ幸いである。

《物語の断片》
 1951年、11月の晩秋に向かうある日、晴れ上がっていたか曇っていたか定かではない。少なくとも雨ではなかった。北稜中学タッチフットボール部の部員たちは試合のため元海軍将校だった桑原徳勝先生に引率され関西学院中学部のある上ヶ原をめざした。十三駅と西宮北口駅の間で阪急電車が脱線したのではないかというくらい大きく振動して走行したことが試合にも増してこの日のもっとも印象深い思い出だった。電車は無事到着しゲームは行なわれたが、その経過については漠漠(ばくばく)たる記憶のかなたにある。
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 00:30| 記事

2008年10月01日

#19 フットボール伝来記 4 −焼失した日記−

 #17の最後でふれたフットボールの大学対抗戦を初めて行ったラトガーズ大学に明治時代の前半期、なぜ多くの日本人留学生が在学していたかに話を転じたい。グイド・フルベッキという人物がいた。オランダに生まれ、ユトレヒトの工業学校で機械工学を学んだ。のちに22歳でアメリカに渡り、実業についていたがコレラにかかり死に瀕する重体となる。しかし、奇跡的な回復を遂げ一命をとりとめた。その結果、以後の人生を神に仕える決心をし、オーバン神学校に入学、卒業後オランダ改革派教会から派遣されて中国に渡った。フルベッキは語学の才があり英語、ドイツ語にも堪能であった。

 前回のマギル大学がスコットランド系の人々が創立したように、オランダ人がアメリカで創設した大学がラトガーズ大学である。教派はオランダ改革派だった。ヨーロッパから移民してきた信仰に篤い人々にとって大切なのは教会であり、教会を司る牧師であった。したがって牧師を養成するために神学校を建てた。アメリカにおける初期の大学は神学校であった。ハーバード、ウィリアム・アンド・マリー、エール、ペンシルバニア、プリンストン、コロンビア、ブラウン、ダートマス。ラトガーズも1776年のアメリカ独立宣言までに開校した9つの大学のひとつである。オランダ改革派教会は宣教活動に熱心であった。フルベッキも上海経由で1859年、長崎の出島に来航した。まだ禁教令のため布教を行うことができなかったが、幕府の英語伝習所、済美館で英学※を講じた。済美館には海外の情報を必要としていた各藩から選び抜かれた俊英が国内留学してきていた。のちに早稲田大学を開く大隈重信もここで学んでいる。従って明治初期に留学した人々がフルベッキの仲立ちでラトガーズに向かったことは自然なことであった。

 下の写真は1871年のラトガーズにおける日本人留学生たちである。
20081001_01.jpg

 留学生たちの名前は判明しており、1869年の最初のゲームを観戦した日本人がいるかどうか、留学生の日記を渉猟(しょうりょう)した。その結果、記録を残している可能性がある日下部太郎という学生にたどりついた。幕末に四賢候と呼ばれた藩主の一人である福井藩の松平春嶽じきじきの命で長崎に国内留学をし、済美館でフルベッキの教えを受け、ラトガーズに留学した。

 1866年に幕府が海外渡航の禁を解いた翌年の1867年1月、日下部は日本人留学生第一号として、開国後4番目に発行されたパスポートをもちアメリカ留学へと出立する。長崎より南下してジャワに至り、そこで1ヶ月半の間アメリカ行きの便船を待った。この頃は定期の船がなかったからである。インド洋、喜望峰を経て大西洋を北上し、150日近くかけてニューヨークに到着した。当時は蒸気船と帆船が併用されていた期間であった。蒸気船であれば早く着くことができたが乗船料が高価であったので、日数がかかるが安価な帆船を利用することが多かったという。要した日数から考えて日下部は帆船に乗ったと考えられる。昭和の初めにはこれが40日程度に短縮されている。

 日下部は日本での英語学習がわずか一年あまりにすぎなかったが初年度の1867年、大学1年生となる。当時の留学生は、勉学に必要な語学力習得のため、まずグラーマー・スクールに入学するのが常であった。おそらく日下部には天才的な語学の才があったものと考えられる。日下部の学部は科学部であった。現存する当時のノートには大砲の弾道計算などが残っている。帰国後は軍に勤務し砲兵隊の指揮をとることを目指していたという。数式を主に扱うので文科系に比べ言葉の障壁が少ないとはいえ異例なことであった。当初は藩費での留学であったが、最終学年の3年目には明治政府より海外留学生と認められ年間600ドルの支給をうけている。だが当時は送金方法も確立されておらず、常に経済的な苦労がついてまわった。アメリカ東部の物価は高く、10数年後の1884年に同じラトガーズ大学に留学した松方幸次郎※も首相、松方正義の子弟であったにもかかわらず常に逼迫した経済状況にあった。これは明治時代に留学した人々に共通の困苦であった。
※ 松方幸次郎については#16を参照。

 しかし日下部は乏しい留学費の中から3年間の在学中に200冊の書物を購入している。現代と異なり書籍は非情に高価な時代であった。夏目漱石が1900年代初頭、ロンドンに留学したがやはり安い下宿を求めて5回の転居をし節約した金で400冊の本を買ったことを連想させる。漱石は年間1800円の官費支給を受けていた。これも「やむをえざる西欧の受容」だった。日下部太郎も夏目漱石もけなげにまで自らの使命を果たそうとした。

 当時の大学は3学年。ラトガーズ大学は人文学部と科学部の2学部のみであった。人文学部は70人程度、科学部は10人前後、したがって総数約80名のちいさな大学だった。プリンストン大学戦に出場したのは25人であるので差し引くと55名となる。観客はおおよそ100名と記録されている。状況から類推すると試合前から初の大学対抗ということで学内の大きな話題になっていたと思われる。試合後に発行された学内新聞の”The Targum”※ にこのゲームのことについて詳しい記事が掲載された。日下部の指導教官であったウィリアム・グリフィスはフットボールを行っていたと言われている。したがって日本人がこのゲームを観戦していた可能性はかなり高いのではないだろうかと考えている。
 下の写真は1870年4月19日に撮影されたラトガーズに留学していた日本人留学生たちである。
 ※ 試合があった1869年の1月に創刊。試合は同年の11月6日、土曜日。
20081001_02.jpg

 ただし日下部はこの写真の中にはいない。写真が撮られる6日前、4月13日に他界していたからである。骨身を削って勉学に打ち込んだ日下部は常に首席であった。そして学問を含め日常のあれこれについて克明な日記をつけていた。冬には極寒となる東部アメリカの生活環境は物心両面にわたって厳しく、卒業を目前にして結核に倒れ、最初に大学対抗のフットボール・ゲームが行われた約5ヵ月後、1870年4月13日に息を引き取っている。大学は日下部の優秀さを高く評価し、愛惜の念を込めて卒業生とした。さらに成績優秀者の集まりであるΦΒΚ(ファイ・ベータ・カッパ)※のメンバーにも加えた。またそのメンバーに贈られる黄金の鍵を授与している。日下部の葬儀の日、大学は全学休講して弔意を表した。日下部太郎は特別に優秀な成績を収め、人格の高潔さを持って周りに深い感化を与えた。一証左としてその名が新渡戸稲造の「武士道」の序文にも取り上げられていることを記しておく。
 ※ 哲学は人生の導き手、というギリシャ語の頭文字

 日下部の日記は蔵書その他の遺品とともに故国、福井の八木家(日下部の旧姓)に持ち帰られた。しかし、明治9年10月4日、八木家に火事があり、そのおりに他の家財とともに火につつまれ、日本人が最初のゲームを見たかどうかを証明できたかもしれない重要な文書は灰燼(かいじん)に帰した。
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 03:48| 記事

2008年09月25日

#18 フットボール伝来記 3 ―焼失した日記―

 蒸気機関、ガス灯、反射望遠鏡、道路舗装、切手、万年筆、グランドピアノ、自転車、タイヤ、石油精製、近代銀行、モールス信号、スピードメーター、レインコート、冷蔵庫、電話、ガスマスク、レーダー、救命胴衣、クロロホルム麻酔、ペニシリン、テレビ、ビデオ・レコーダー、これらに共通するものは?

 答は、発明したのはみんなスコットランド人、である。スコットランド人は産業革命を推進する多くのものを創り出した。エジソンの父も、エジソンの一番弟子の父親もスコットランド人であった。

 前回の記事に出てくるマクギル大学はJames McGillより遺贈された4万ポンドを基金として創立された大学である。McGillはスコットランドで事業を行ったのちカナダに移住、毛皮取引で成功おさめた。バスケットボールを考案したジェイムズ・ネイスミスもスコットランド系であり、マクギル大学を卒業した。記事を読まれた関西学院の方からマクギル大学のMcGillは「マギル」と表記しますとのご指摘をいただいた。学院の文書はそれで統一されているので今後は「マギル」と表記したいと思う。

 今回、ラトガーズ大学を取り上げる予定だったが、変更してマギル大学のことを書きたいと思う。灯台下暗しなのでご指摘のあった方にお願いしたら、たくさんの資料をお送りいただいた。関西学院はマギルと学生交換協定をしているという。母校のことなのだが知らずにいた。またスクール・モットーの“Mastery for Service”は学院の4代目院長であったC.J.L.ベーツが高等学部長時代に提唱し、その後、学院全体のものになったという。これはマギル大学マクドナルド・カレッジのモットーと同じであることも教えていただいた。この間のことを調べられておられる学院史編纂室の池田裕子さんが「関西学院史紀要」第6号(2001年4月20日)に「カナダ訪問記」と題して書かれており、目下他の資料も含めて勉強中である。池田さんにはFIGHTERSの65周年DVDを制作する時、たいへんお世話になった。

 アメリカは最初の大学対抗のゲームが行われた1869年に大陸横断鉄道が開通したように鉄道の時代に入っていた。1874年、マギル大学はハーバード大学とお互いが採用しているルールで交互にフットボールの試合を行った。当時はアメリカ国内においても大学ごとにルールが異なり、交流戦を行うときはまずルールの交渉からになった。このときはまず最初にハーバード・ルールでゲームを行い、翌日にマギル・ルールでゲームを実施した。スコットランドはラグビーが盛んであったのでマギル大学もラグビー・ルールであった。これがアメリカにおいてラグビー・ルールで行われた最初のゲームになった。マギル大学のあるモントリオールとハーバードのボストン間の距離はおよそ400km。鉄道で移動したと推測するのだが、おそらく10時間以上かかったのではないだろうか。時代は大きく下るが終戦後の甲子園ボウルで来阪する関東の大学は10時間以上をかけての遠征であったらしい。1950年に、「特急つばめ」がダイヤ改正により東京―大阪間を8時間で走るようになった。19世紀のサッカーの発展も鉄道の沿線沿いに進んで行った。アメリカでも鉄道会社の社員で構成されるチームが本格的なプロ・チーム出現以前にあったという。

 名前に関する余談をしたいと思う。外国人の日本語表記は難しい。McGillは「マギル」だが、おなじみのMcDonaldは「マクドナルド」であるし、かつてのアメリカの航空機製造会社、McDonnell Douglas社は、「マクダネル」であった。何か法則性があるのかも知れない。

 #15でも発音が分からないと書いたHeffelfingerのような一見しても想像がつけられないスペルがある。NFLのひいきチーム、セインツに1990年代前半、Bobby HebertというQBがいた。最近プレイオフに出るまでになったが、当時は弱小チームだったのでテレビの放送に取り上げられることがめったになかった。したがって、エースQBなのだが雑誌のスペルを見てもセカンド・ネームの発音が分からなかった。プロ・フットボールのテレビ解説をしている専門家に聞いたところ「ヘバート」と教えられた。のちにセインツのゲーム・ビデオが手に入って耳をこらして聞くと、何度聞き返しても「エーベァ」だった。セインツはニュー・オーリンズがフランチャイズなのでHebertもフランス系の可能性が高い。フランス語においては最初の“H”は発音されないので「エーベァ」なのであろうと思っているが、いかがであろうか。

 さらに余談を加えると、日本人の名前はもっと手ごわく、「纐纈」という苗字は13通りの読み方がある。こうした同じ漢字で多数の読み方を持つものが日本の名前には多く、ご本人に聞いて見なければ分からないということが往々にしてある。読み方が異なっても同一の字であれば1つの名前として数えると日本の苗字は10万あるそうである。これに「斉藤」の「斉」のように「斎」を初めとして同音異字なども数え上げると30万近くになるといわれているが、個人情報保護法もあり今後はさらに調査が困難になるので、正確なことは分からないようである。アメリカは世界各国から移民してきているので約100万に上るという。
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 09:05| 記事

2008年09月15日

#17 フットボール伝来記 2 ―焼失した日記―

 1869年11月6日にラトガーズ大学とプリンストン大学の間でフットボール初の大学対抗戦が行われたことは以前に書かせていただいた※。前回の#16で予告したようにこのときの観客について考えて見たい。ゲームが行われた際、約100人の観客がいたといわれている。この年のはじめ、ラトガーズ大学では学内新聞が創刊された。したがって試合経過やこうした周辺情報を読むことができるが、日本人がその観客の中にいたかどうかについては既読の資料には残されていない。
※#1およびDVD“FIGHT ON KWANSEI”参照

 これまで数年このゲームを日本人が見た可能性について調べてきた。きっかけは次のことを偶然から知ったためである。

 なにげないと思われた経験がのちになってみると大きな歴史を体験していたということがある。1891年12月21日、マサチューセッツ州スプリングフィールドの国際YMCAトレーニングスクールの体育館、そこに一人の日本人がいた。名前は石川源三郎。ジェームス・ネイスミスによって創案されたバスケットボールの最初のゲームが行われ、石川はこれにプレーヤーとして参加した。青少年が冬季に室内で行うことができるゴール型スポーツとして考え出された新しい競技にはこの時点でまだ名前がなかった。ゴールには桃の収穫用のカゴを用い、サッカーボールを使用したので、のちに「バスケットボール」と名づけられた。ジェームス・ネイスミスはカナダのマギル大学※の出身である。マギル大学は遠征しハーバード大学とラグビー・ルールによるフットボール・ゲームを行い、アメリカンフットボールの展開に大きな役割を果たした大学である。ネイスミスはまたバスケットボールを考案するにあたりアメリカンフットボールの考え方もモチーフのひとつとした。ただ石川はバスケットボールを日本に広めることはなかった。バスケットボールはフットボールに関係する方の血縁者により別の機会、別のルートでわが国に紹介されたが今回それはテーマではない。
※#14参照

 近代スポーツの各競技はそれぞれ時期を異にして日本にもたらされた。フットボールは1934年(昭和9年)12月、関東で明治大学、早稲田大学、立教大学の3大学のリーグ戦開始をもって日本ではスタートしたとされている。

 各競技が伝来したきっかけは大別して2つになる。明治政府が大学を頂点とする高等教育制度の短期整備のために雇い入れたいわゆる「お雇い外国人」など欧米人によってもたらされたもの。いわば舶載の貨物についた「こぼれ種」のようにして伝播した。もう一つは欧米留学や視察により海外に出た日本人が持ち帰ったものである。前者の例としてはベースボールがある。後者の例はハンドボールを挙げることができる。フットボールは強いて分ければ前者になる。ベースボールは1872年(明治5年)、当時の開成学校(のち旧制第一高等学校)で英語などの教鞭をとったホーレス・ウィルソンが生徒にベースボールを手ほどきしたのが最初と言われていたが、現在は諸説がある。ハンドボールは1922年(大正11年)、欧米へのスポーツ留学経験のある東京高等師範学校出身の大谷武一がドイツより帰国後紹介した。また大谷は昭和初期ラジオ体操を考案し、第二次大戦終了後まもなく、文部省の学習指導要領に基づきタッチフットボールのテキスト作成を行った。

 「やむをえざる西欧文化の受容」が明治以降、日本近代化の過程であった。冬の霧深い陰鬱なロンドンで夏目漱石も懊悩したように避けがたい現実だった。漢籍に明るかった漱石はむしろ北京留学を望んでいたという。1854年(安政元年)、吉田寅次郎、すなわち松陰が小船を漕ぎ出しアメリカへの密航を計ったことからも推測できるが、この欧米留学という切実たる思いを共有した江戸人は少なくなかった。それから10年後の1864年さらに勇敢なる人物が無謀とも思える単独行でボストンに至る。鮭は産卵のために母川(ぼせん)の急流を遡上するとき、最初に大いなる段差を超えるものが出ると連なってこれを克服していく。このパイオニアが同志社大学を創始した新島襄であった。函館からまず上海に渡り、アメリカに行く船を捜した。幕府が海外渡航禁止を解くのは1866年なので捕縛されれば死罪を覚悟の行動であった。新島の翌年、1865年には薩摩藩が英国に15人の留学生を送り出すなど、幕府にはこの近代化という大きな潮流を押さえる力はすでになかった。

 新島はアメリカ行きの船捜しの間も、上海で漢訳の聖書を入手するなど勉学を怠ることがなかった。この勇敢無比な新島の魂を理解する船長、ホーレス・テイラーが現れ、インド洋、大西洋を経て西回り航路で無事ボストンに着く。乗船した船の名前は“WILD ROVER”。のちに同志社大学アメリカンフットボール部のニックネームとなる。付け加えるならば、新島は1870年(明治3年)日本人ではじめて学士号を得た。またのちに来日し、札幌農学校の教頭となり明治の日本に大きな精神的な影響を与える、ウィリアム・クラークにアマースト大学で講義を受けた。先に述べたように滞米中の1866年に国禁が解かれたので、新島の留学は追認され、その高い人格と深い学識が新政府に重用されることになる。

 新島襄に遅れること数年、同様の時期にラトガーズ大学に留学した日本人が幕末から明治初期にかけて数百人におよんだ。現在では日本人にあまりなじみのないラトガーズという大学になぜ多くの日本人が留学したかについて考えてみたい。

(この項続く)
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 22:08| 記事

2008年08月01日

#16 フットボール伝来記 1

 今回から「金ぴか時代」における日本人とフットボールのかかわりについて取り上げて行きたい。「金ぴか時代」はマーク・トウェインが南北戦争終結から19世紀末にかけてのアメリカをこう呼び、小説のタイトルとしたことは以前に触れた。(#13参照)

 「火輪の海」という本がある。「火輪」(かりん)は「火輪船」の略で、外輪式蒸気船の幕末期における呼称である。「鉄鋼製の蒸気船」という限定した定義もある。「火輪」は同時に「火輪車」の略でもあり、汽車の明治初期の呼称だった。中国語の「火車」が汽車であるのと気分として似ているがこの三つの呼称の「火」が共通の字義なのかは定かではない。
 
 1989年、神戸新聞社は創刊90周年事業として同社の初代社長、松方幸次郎と彼の事績について「火輪の海―松方幸次郎とその時代」という企画を組み、朝刊連載を行った。連載は9月にはじまり翌1990年3月まで約半年間続き、7月に上梓された。同年に村尾育英会学術賞と井植文化賞(報道出版部門)を受賞している。学術賞の名にふさわしく詳細な参考文献リストが巻末に備わった労作である。

 松方幸次郎の名前を知る人は少なくなったかもしれない。明治、大正、昭和にわたり、現在の川崎重工業、神戸新聞をはじめとして多くの会社のトップを務めた財界の重鎮であった。明治年間の首相、松方正義の三男であり、川崎正蔵が築いた川崎財閥の後継者として大正年間に神戸市を日本第3位の経済都市に押し上げた。

 川崎重工業の前身である川崎造船所は、戦前三菱造船と双璧をなし、商船をはじめとし多くの軍艦を建造した。松方は社長としての繁忙の間をぬい、パリ、ロンドンを中心に、私財を傾け西欧絵画2千点、浮世絵8千点を蒐集したといわれている。浮世絵は日本においてひととき粗末に扱われた。陶磁器の包装紙にもされ海外流失がはなはだしかったが、松方の手によって多数が取り戻された。総点数についてはコレクションの規模が大きく正確な数は不明である。購入後すぐに日本に送られなかったので、第二次大戦のため「松方コレクション」と呼ばれる膨大な作品はフランスに留め置かれていた。フランスにあった多くの作品群の返還のために立ち働いたのは当時の首相、吉田茂である。吉田は持ち前の政治力を発揮し、大統領シャルル・ド・ゴールに「ウィ」と言わせた。このコレクションを収めるためそれに先立ち1954年、国立西洋美術館を設立することが閣議決定され、1959年に落成した。

 「火輪の海」の中にフットボールのことが出てくる。最初のきっかけは前回に紹介させていただいた古川明さんである。2003年に「関西アメリカンボール史」を出版したのち、数年して国立西洋美術館のことがテレビで取り上げられた。当然ながら話題は松方幸次郎におよびアメリカ留学時代の写真が紹介された。この写真を古川さんがご覧になって、松方が着ているジャージはフットボールのものではないだろうか、と思われた。フットボール史研究会で話題にされ、調べていくと1884年に撮られたラトガーズのフットボール・チームの写真にたどりついた。この間の事情が「火輪の海」に書かれている。

 松方幸次郎は在籍していた大学予備門(現在の東京大学教養学部)において現在でいえば学園紛争を起こし退学になったため留学を考えラトガーズ大学を選んだ。1880年代当時ラトガーズ大学は日本ではかなりなじみのある大学であった。幕末からの10年間で少なくとも40人以上の日本人ラトガーズ大学に留学した。同時期にアメリカに留学していた日本人は約300名とされているのでラトガーズへの日本人留学生は相当の割合といえる。

 「火輪の海」によるとラトガーズへ入学した松方は学内における地位確立のため、明治人らしい積極的な行動に出た。まず学生の社交クラブ「デルタ・イプシロン」に入会。次にフットボール部の扉をたたいた。下記はテレビでも登場したそのときの写真である。松方は最前列右から2番目である。写真で見ると一目瞭然の体格差があるがポジションはフォワードであったという。現在ならばラインというところだが、1880年代はまだラグビーの用語を併用していたのでこう呼ばれた。松方の左にいる人物の持つボールも球体に近く、また説明がなければラグビー・チームと見まがうスタイルである。

matsukata.jpg

 ジャージの「89」という数字は卒業予定の年である1889年を示している。しかし、弁護士の資格をとるため1886年にエール大学法学部に転ずるため実際にどの程度フィールドに立ったかは定かではない。

 以前から「火輪の海」についてこの本を執筆された方にお会いし、お話を伺いたいと思っていた。今回、機会があり本をまとめられた編集チームのお一人で実際にラトガーズ大学へ取材に行かれた服部孝司さんにお会いすることができた。ラトガーズ大学の関係各所をはじめとして欧州、日本国内にわたって膨大な調査をされた。存在するか、しないかも判然としない一枝をさがすために樹海に分け入るような作業を積み重ねられた。こうした文献に当たるだけでない事実の断片の間を埋めるフィールドワークの結果、上下2巻、約600ページの記録が生まれた。明治、大正、昭和をつらぬく日本の産業史と軍事史が松方幸次郎という規格外れのスケールの人物を案内役として壮大な叙事詩に織り上げられている。この本は一時品切れとなっていたが昨年末に一巻本として再刊されたので現在入手は容易である。

 幕末以来1880年代までに、数100人の日本人がラトガーズそのほかのアメリカの大学に留学した。従って松方以前にフットボールを経験したものがいたかもしれない。しかし、現時点の調査ではこの写真は日本人がフットボールに触れた最初期の記録の一つであるということができる。次回はさらに時代をさかのぼり、1869年にラトガーズ大学とプリンストン大学が行った最初のゲームを観戦したひとびとのことについて触れたい。(この最初のゲームについては#1参照)
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 19:05| 記事

2008年07月25日

#15 「金ぴか時代」とフットボールの展開 その3

 古川明さん※に連絡していただき渡辺年夫さんとお会いした。渡辺さんは関西学院大学が1949年(昭和24年)、甲子園ボウルに初出場、初優勝したときのキャプテンである。明快と同時に透徹したユーモアの眼をお持ちの方である。春秋に富んだ人生を客観的に淡々とお話ししてくださった。冷静である。ときに湖面をかすかな風が通り過ぎたように、目に見えるか見えないかのさざなみほどの変化が表情を通りすぎる。
※古川明さんについては#3をご参照ください。

 DVD“FIGHT ON, KWANSEI”の台本を書かせていただいたとき、FIGHTERSのCONSISTENCY(堅固さ、持続性)をテーマにさせてもらった。他の大学のさまざまな方から「強さの秘密は何ですか?」と聞かれることがこれまで何度かあった。部のOBではないが母校のことなので面映く、それまでは「さあ、なんなのでしょうね」とのみ応えさせていただいていた。DVDへはその問いかけへの回答の一部を入れさせてもらった。DVD制作時点では渡辺さんのことは仄聞(そくぶん)に留まっていた。一度ご本人にお話をお聞きしたいと思っていたことがかなった。先日も書いたが今回のインタビューも含め終戦後の数年間を時系列に書く予定である。現在その準備をしているので目途がついた時点で書き始めたいと思っている。

 今回は「金ぴか時代」のフットボールの展開をまずランキングされたチーム数と各チームの1シーズンのゲーム数から見ていきたい。1869年にラトガーズ大学とプリンストン大学のゲームがあったとき※から大学対抗の対戦記録が残っている。この年は2校、2試合のみである。翌1870年は3校、ラトガーズ大学がプリンストン大学、コロンビア大学と対戦している。1871年は対抗戦の記録がない。1872年は上記にエール大学とスティーブンズ・テックという大学が加わる。前回紹介した大学フットボール連盟が結成された1876年はランキング校が6校になる。エール大学は連盟に加わらなかったが、この年無敗だったので1位になっている。しかし、この時期、一番ゲーム戦数が多いプリンストン大学でも5試合であり、エール大学は3勝0敗でのトップである。2位はハーバード大学だった。
※#1参照

 10年後の1886年、最もゲーム数が多かったのはペンシルバニア大学の17ゲーム、ランキングされた14校の平均ゲーム数は約9ゲーム、最も少なかったラトガーズ大学とダートマス大学は4である。そして1896年にはランク校が30校と10年前に比べ倍増する。対戦数は平均すると10ゲーム前後になる。シカゴ大学が19ゲームで抜きん出て多い。

 この明らかな数字の増加は1880年代にルールの整備が進んだ結果と見ることができる。1880年代の終わりころウォルター・キャンプによるオール・アメリカンの選出も始まり、同じころフットボールの新聞報道も増えて行った。

 まだ時代は荒々しかった。西部開拓時代は1889年まで続いた。1890年の国勢調査の結果がフロンティアの消滅を証明したというのが定説になっている。この時代の空気は西部劇を考えてみると良く理解できる。手がかりとして人物の名前を順不同に列挙する。ワイルド・ビル・ヒコック、ビリー・ザ・キッド、ジェシー・ジェームズ、ワイアット・アープ。このワイアット・アープが登場する「OK牧場の決闘」は1881年のことである。日本でも決闘を禁止する法律が規定されるのは1889年のことであるので同様の猛々しい空気を共有していたことになる。

 同時代人であったジョン・D.ロックフェラー,Sr.は1863年にスタンダード・オイルを興し、1870年代の終わり頃、早くもアメリカ国内で90%のシェアを獲得した。しかし、1890年にはシャーマン・反トラスト法が下院において成立した。その結果1892年にスタンダード・オイル・トラストは解散命令を受けている。実際に解体されたのは1911年だがジョン・D.は1895年、韜晦(とうかい)して事業からの引退を声明した。一方1890年、ロックフェラーは2000万ドルの資金を拠出しシカゴ大学を創立した。アメリカンフットボール部もつくられた。コーチとして招聘されたのはのちに「コーチのコーチ」と呼ばれるようになるエイモス・アロンゾ・スタッグである。実質的な体育部長でもあった。スタッグはエール大学でフットボールとベースボールでオール・アメリカンになり卒業したあと、International YMCA Training schoolにいた。ついでながらダニエル・D.ルイスが2度目のアカデミー主演男優賞を獲得した作品である“There Will Be Blood”はスタンダード・オイルに対立する独立系石油会社を描いている。ダニエル・D.ルイスが演じる独立系石油会社を創設し事業のためには徹底して非情な主人公は、ルイスのメイクした風貌とその行動からジョン・D.を容易に連想させ、ロックフェラーに対する強いアイロニーを感じさせる作りになっていて巧みである。

 フットボールに話を戻せば、1892年には契約書が残る最初のプロ選手が誕生している。William W. Heffelfingerである。この正確な発音が難しい名前を持つプロ第1号プレーヤーはエール大学出身で1889年から3年連続、オール・アメリカンに選出されたガードの選手だった。このときの契約では当時の金額で1試合500ドルが支払われている。そのあと何人かのプレーヤーが契約をするのだがこの金額は破格だった。また、バックスのプレーヤーではなくラインがスターであったということも興味深いことである。1889年には現在もアリゾナ・カージナルスとして存続するモーガン・アスレティック・クラブが創設された。シカゴにできたセミプロのチームであった。現存する最も古いチームである。1920年、NFLがAPFA※として創設されたとき、シカゴ・カージナルスと改称された。その後もフランチャイズの変更とともにチーム名を変えながら、1988年に現在のアリゾナに本拠を移した。カージナルスというニックネームはシカゴ大学のフットボール・チームのジャージの色に由来している。
※American Professional Football Association
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 07:35| 記事

2008年07月17日

#14 「金ぴか時代」とフットボールの展開 その2

 ときどき調べものがあって図書館へ行く。これまで夜の7時で閉館だと思っていたが、午後8時まで開いていることが分かった。平日、仕事の後に行けるので便利である。夏季だけのことかも知れないが、確かめないでおく。終って外へ出たら驟雨が来た。駅まで短い距離なのだがいかんともしがたい。激情的な降りなので一時的なものと思い図書館の軒にいてやりすごした。

 図書館で古い新聞のマイクロフィルムを見ていた。巻取りがモーターで行えるものもあるが手回し式は風情がある。カラカラと音たててクランクを回していると幻燈機のカタカタという音を思い起こさせ何十年もタイムスリップする仕掛けとして心がなごむ。DVDの“FIGHT ON, KWANSEI”を制作した時、新聞社の方のご好意で読者サービス用に使っておられるマイクロフィルムを見るビューアーを操作させていただいた。新聞を等倍で見ることができ、かつローリングがダイヤルで自動的にできるのまるでスーパー・カーに乗ったようなスピードだった。プリントアウトも非常にきれいだが、いかんせん1枚数百円と高価である。従って調べもので一度に10枚近く頼むには適しない。

 調べていたのは1950年の甲子園ボウルのことである。この年は年央に朝鮮戦争がはじまり戦後の日本は転換点にさしかかっていた。甲子園ボウルは前年に引き続き関学と慶応の対戦となり、関学が2連覇して第一期黄金時代を築く第一歩を印した年である。この年を含む終戦直後のフットボールの歴史についてはいずれ詳しく書くつもりである。ゲームは12月10に行われた。社告が2日前の8日に載っている。そこに対戦校名とならんで解説という表示があり、「三隅珠一」という名前が記されている。この頃から場内解説があったようである。三隅先生は#3で紹介したピーター岡田が旧制の池田中学へ指導におもむいたとき池田中学におられた先生である。その後日本のタッチフットボール普及活動の中心となり活躍された。全国高等学校アメリカンフットボール選手権大会、つまりクリスマス・ボウルの最優秀バックス賞に三隅杯としてその名が刻まれている。三隅先生については別に記事をもうける予定なのでここまでとしたい。

 前置きが長くなったが、雨宿りの閑話としてお読みいただいていれば幸いである。1869年は前回書いたようにいろいろなことがらの始まりの時期と考えてよい。1870年代にアメリカにおけるメジャーなスポーツのスタートの時期を迎える。1874年、のちにアメリカンフットボールのいしずえとなるハーバード大学とカナダのマギル大学のラグビー・ルールによる対戦が行われた。その翌年、1875年、ケンタッキー・ダービーがスタートする。1876年、メジャー・リーグのナショナル・リーグが早くも設立される。この時のチームのひとつ、シカゴ・ホワイトストッキングス(現在のカブス)に属していたのがアルバート・グッドウイル・スポルディングだった。プレーヤーであり、またスポーツ用品メーカー、スポルディング社の創設者である。スポルディングはスポーツにおけるコミュニケーションの重要性をよく理解していたので関連書籍の出版も熱心に手がけた。のちに大正年間、東京高等師範学校附属中学の生徒たちがフットボールを行った際、丸善の店頭で手にしたのはこのスポルディング社から出されたスポーツ叢書の一冊“How to Play Football”だった。

 同年1876年、フットボールにおいてはプリンストン大学がはたらきかけ、大学フットボール連盟※というフットボールにおける最初の競技組織が結成された。招待状が送られたのはその後半世紀にわたりフットボール界でリーダーの役割を果たすハーバード、エール、コロンビアの各大学である。しかし、エール大学はゲームを行うことには同意したが組織には加わらなかった。理由は連盟のルールではラグビーにならい1チームを15人としており、エールはこれに賛同せず11人を主張したからである。このエールのこだわりが結果としてフィールド内の1チームの人数を11人とした。それには「フットボールの父」と呼ばれるウォルター・キャンプに代表されるエール大学の精力的な活動があったからである。
※ Intercollegiate Football Association

 1880年代は#2で紹介したようにウォルター・キャンプによるルール整備の時代に入る。日本へのフットボール伝来に大きな役割をはたすYMCAがスポーツ指導者育成のためのInternational YMCA Training School をマサチューセッツのスプリングフィールドに設立するのは1885年のことである。

 関大のフットボール部設立にあたり松葉徳三郎とともに働いた石渡俊一は昭和のはじめこの学校に留学した。石渡の先人として大森兵蔵は明治末期にこの学校に学んだ。大森は帰国後、日本が最初に参加したストックホルム・オリンピック(1912年)の監督を務めた。このときの団長は嘉納治五郎である。オリンピック参加のために1911年(明治44年)、日本に体育協会が誕生し、日本のスポーツは黎明期を脱しようとしていた。団とはいいながら代表として送られたのはマラソンの金栗四三と陸上短距離の三島弥彦の2名であった。スプリングフィールドではカリキュラムにフットボールが含まれていたので大森はフットボールを体験した。石渡も授業でフットボールを学んだ。その講義内容は石渡が帰国後、「アサヒスポーツ」という大正年間に発刊された、現在でいえばスポーツ・イラストレイティッドのような雑誌にフットボールの入門記事を書くことができるだけの量とレベルにあった。
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 07:15| 記事

2008年07月10日

#13 「金ぴか時代」とフットボールの展開 その1

 まるで真夏のようである。降れば土砂降りから晴れれば蒸し風呂に変わった。セミの声は少し先だが、暑さを好むクマゼミの北限がどんどん北上し、関東平野でも大増殖しているという話だ。大阪でもクマゼミの数が急増しているという。調べるには脱皮した蝉の殻を集め、アブラゼミの数との比率を出すという。ここ20数年にわたり大阪各所の蝉の繁殖地でセミ殻を地道に集めている方々がおられると聞いた。歴史の調査もその作業と似ている。人手が必要で、ひとつのことばに至るまで多くの方の労力を要する。

 さて、前回の続きである。南北戦争が終わりアメリカは次第に都市化していった。この頃から19世紀末にかけての約30年間を、ハレー彗星とともに生まれ、彗星とともに去ったマーク・トウェインは「金ぴか時代」と名づけ、同名の小説を残した。「ハックルベリー・フィンの冒険」や「トム・ソーヤの冒険」で知られているこの作家は生まれた年にハレー彗星が観測されたので、かねがね去るときも彗星の年だと半ば得意のユーモアをこめて語っていた。

 「金ぴか時代」は急激な経済成長にともなう拝金主義の、いわばバブルの時代だった。ヴィクトリア朝イギリスのちょうど真中、折り返し点に当たる1869年、ラトガーズ大学とプリンストン大学の初の大学対抗フットボール・ゲームが行われたことは#1で述べたとおりである。大英帝国のたそがれへの序章が始まろうとしていた。そして南北戦争を終えたアメリカはパクス・アメリカーナを築く長い道のりのとば口にさしかかっていた。

 フォワード・パス採用以前の19世紀原初フットボールは現在から考えれば乱暴で危険な競技であったにもかかわらずなぜ廃止に追い込まれなかったか、という疑問がこれまでにも投げられかけてきた。代表的な回答は以下の2つである。

 第一は民俗フットボールから近代フットボールに移行する過程にあったため同時代人には存続の帰趨(きすう)を制するほどの乱暴とは映らなかった、というものである。

 第二。19世紀後半は、二度の世界大戦を含む戦争の世紀である20世紀につらなる国際紛争激化の時代であった。普仏(プロシア・フランス)戦争、希土(ギリシア・オスマン)戦争、米西(アメリカ・スペイン)戦争などが起こった。オリンピックを提唱したクーベルタンには普仏戦争に敗れた祖国再興のために青少年間にスポーツを振興させ強国を作るというもくろみもあったといわれている。こうした背景の中で南北戦争が終わり都市化が進み、金ぴか時代の進行とともにアメリカ人の間では国を守るために必要な勇敢さが次第に失われつつあるという危機感があった。したがって勇敢さの確保のためにフットボールは支持された、と考えられている。この考えは20世紀に入ってからもセオドア・ルーズベルト大統領、その後のウィリアム・タフト大統領にも引き継がれた。そして関西大学アメリカンフットボール部の創設者である松葉徳三郎は1932年、ロサンゼルス・オリンピック視察のおり、USC他のフットボール・ゲームを観て、まさにこの勇敢の精神を感得し、創部を決意したという。

 当初、東海岸で興ったフットボールは初秋から晩秋にかけての天候の安定しない中で行われた。英語に“sloppy”という単語がある。水っぽい、水浸しの、泥んこの、といった訳語が与えられている。筆者の観戦したハーバード大学とエール大学の対抗戦も霧とも雨ともつかない、大気に多量の水分を含んだ11月の空の下で行われた。戦争は天候を選ばず泥濘の塹壕戦ということもしばしばである。そうした状況下で悪条件をものともせず戦える肉体と精神の涵養が必要と切実に考えられていた時代であった。
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 09:12| 記事

2008年07月02日

#12 雨降りだからフットボールでも勉強しよう

 雨のシーズンだ。ただ、昔は梅雨はシトシトと降ったが、最近は昔、学校の英語のリーダーに載っていた「降れば土砂降り」が多くなった。まるでスコールである。温暖化のためミカンの産地が北上し、以前ミカンどころであった愛媛などが苦戦中と聞く。海外でもふらんすのワイン葡萄(ぶどう)の質が落ち、ドーバー海峡を渡ってイギリス南部で葡萄の栽培をするようになったらしい。

 「雨降りだからミステリーでも勉強しよう」というエッセイがあった。それにならって今回のタイトルをつけた。本歌の作者は植草甚一(1908〜1979)という評論家である。ジャズ、アメリカ文学、映画に造詣が深く江戸っ子らしい洒脱なエッセイを多くものにした。今どれくらいの人たちの記憶にあるか推測がつかないが、一部の愛好家の間で信仰を集め古書のネット検索でも1,000件以上ヒットするので、限界を超えすべてを表示しない。「植草甚一スクラップブック」というタイトルの全40巻からなる全集原油のように値上がりを続け、以前神田の古書街で見かけたときは全冊揃いで数10万円の値段がついていた。

 このブログの#2に書いた米田先生の「アメリカン・フットボールの起源とその発展段階」を再読した。第2章の6に「大学対抗フットボールの創始」という項がある。#1で紹介した1869年のラトガーズ大学とプリンストン大学の大学対抗戦のことが書かれておりこのゲームの詳細が残っている。フットボールにとって幸いなことに同じ年の年初にラトガーズ大学の大学新聞である“The Targum”が創刊され、記念すべきこのゲームの観戦記が残ることになった。このサイトの項目「部史」の中に以前紹介したように上記の論文が掲載されておりそのあらましを読むことができる。

 アメリカは1865年に南北戦争が終った。1848年にカリフォルニアで起こったゴールド・ラッシュが引き金となって大西洋側にあった原型としてのアメリカが太平洋側に東進するきっかけとなった。この一連の騒動は1850年代まで続き、1849年にピークに達し、NFLのサンフランシスコのチームに“forty-niners”(49ers)”というニックネームを残した。日本人でも土佐出身で漂流してアメリカにあったジョン万次郎がこれに参加している。また人々が押しかけこの地域の人口爆発が起こったので1852年にカリフォルニアは州になってしまった。

 金と戦争という人の本性によってアメリカは徐々にひとつになっていった。象徴的できごととして、1869年にユニオン・パシフィックすなわち大陸横断鉄道が開通した。人の行き来がさらに活発になりスポーツもその影響を受けた。それまで大学校内に留まっていたフットボールが大学対抗になった。つけくわえればアメリカは映画「不都合な真実」のアル・ゴアの父が推進した「インター・ステイツ・ハイウェイ」(州間高速道路)とゴアの提唱した「インターネット」により、この広大な地域をひとつにして行った。

 「大学対抗フットボールの創始」には観客がおよそ200名と書かれている。この時,ラトガーズ大学には10数人の日本人留学生がいたのでだれか記念すべきフットボールのオリジナル・ゲームを観戦した可能性がある。このことについてはいずれ触れたいと思っている。

 Rutgersの発音は難しい。あえてカタカナ表記すれば「ラッガーズ」らしい。本、論文を見ると「ラトガース」、「ラトガーズ」などさまざまある。この稿は「ニューズウィーク」の日本語版にならい「ラトガーズ」とした。
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 00:01| 記事

2008年06月25日

#11 神戸ボウル3

 前回、星陵高校側から見た神戸ボウルのことを扱った。今回は兵庫高校側からのことがらに触れたい。それにあたってはマキショウ、タック牧田すなわち牧田隆さんが1990年、「アメリカンフットボール・マガジン」に「神戸ボウル物語」というタイトルでA4版2ページの詳しい記事を書かれている。現在この雑誌の入手は難しいのでその記事をダイジェストして掲載させていただく。< >かっこ内は筆者注。

==========================
「皮をむきかけた蜜柑〈みかん〉のようなボール」

昭和20年代は終戦直後で、軍服のアメリカ兵を日本各地で見かけることができた<その一人がピーター岡田やオダノ>。アメリカ軍のキャンプの金網越しにフットボールの練習を見ることができた。京都大学のフットボール・チームのベンチでは軍服姿のアメリカ人将校が英語でコーチしていた。

 「おれもあれをやってみたい」と願う少数の高校生が兵庫高校と星陵高校にいた。この2校の幸運は星陵のリーダー米田豊の長兄が米田満であったことである。また、満は兵庫高校の前身の神戸二中の卒業生であった。星陵にはすざましくオンボロのボールがひとつあった。皮をむきかけた蜜柑のようなボールだった。一方兵庫がとぼしい小遣いを集めて買ったボールは玩具の様なもので、蹴るとボコンと鳴った。同校はラグビーの名門だったのでラグビーボールでパスの練習をした。サイドスローでフォワード・パスを投げられる者がパサーになった。これらの仲間4名が関学大に入学した。フットボール部のない大学に進学した者、入試に失敗した者達は彼らをうらやましがった。当時の高校はタッチフットボールであった。両校の連合チームで関学高等部に挑戦したのが唯一の試合経験だった。

「防具調達が試合日決定の根拠だった」

 新人のシーズンが終って米田豊と牧田は両校の仲間達のためにゲームを実現したいと願った。防具を借りられるのは関学の練習が休みの正月だけであった。
 防具は星陵、グランドは兵庫がそれぞれ担当した。正月は公立高校のグランドが借りられないため、私立の村野工業高校のグランドを借りた。これが第1回神戸ボウルである。大晦日の午後、豪雨の中、牧田、米田、平井の3名は石灰でラインを引いた。

 兵庫高校はその前身、神戸二中を含め次のようなフットボールの関係者を生んでいる。三浦清(同志社大学、関西アメリカンフットボール協会会長、故人)、前記の米田満、堂本猛(当時関大主将)、牧田の後輩、井上透(関大主将)、松浦(関学)。星陵は、関学に進学した平岡敏彦(米田豊の次の主将)、米田正勝<米田兄弟の三男>、林武恒(関大主将)が続き、現在も部が存続している。試合は堂本が大学4年生の実力を見せて、泥田を独走しエンド・ゾーンとおぼしきあたりまで到達したが、ボールを高らかに片手で差し上げ、ファンブルしタッチダウンならず。結果は後藤俊明(法政大)がタッチダウンし、全星陵6、全兵庫0のスコアーだった。ゲームが終っても着替えることもできなかったので<当時、高校にシャワーなどなかったし、おそらく水道も勝手には使えなかった>粋人高校生、井上透の案で連れ込み宿でなんとか風呂場を使わせてもらい、入浴料つきご同伴、ご休憩料金をはらわせられた。

「ひと芝居打ってくれたアメリカ領事」

 1953年1月4日の第2回は不思議な才能をもった前田秀男という元先輩の同級生が、当時神戸外人クラブが使っていた東遊園地グランド<位置は現在の神戸市役所南側の東遊園地公園だがこのときのグランドはなく、公園になっている>が使用可能となった。正式な許可でなく日本人管理者にひそかに礼金を渡しての使用だった。前田氏と前記三浦先輩の尽力でこの年から神戸新聞社後援になった。三浦清の弟の三浦保の仲介で優勝楯らしきものができたが授賞式が済むと新聞社に持ち帰られたようであった。

 この年のゲームは、高校生現役同士と両校OBの2ゲームだった。兵庫高校7−6星陵高校、兵庫OB10−14星陵OB。英語に強い三浦先輩がアメリカ領事を口説き、急遽MVP杯を出してもらうことになった。使いが新聞社に走った。「絶対に返してくれよ」の約束で領事からこのMVP杯が牧田隆に手渡された。領事が握手を求めた。当時外人と握手するのは大変な出来事だった。領事は「オカシイネ、コレハ エイガ コンクールノ ショウ ラシイデスネ」と小声でいった。ありあわせで借りた楯は「なんとか映画コンクール」の賞だった。領事は日本語が読めて、それでも一芝居打ってくれた。牧田が頭を下げ賞を受け取る写真を撮ったあと、楯は前田が返しに行った。

 同年、兵庫高校のフットボール部は廃部となった。ラグビー名門校であったため有能選手の分散を避けるためであった。神戸ボウルは歴史の中で関西協会に移管されたが、星陵高校OBは平成元年<この記事が書かれた前年>よりポートボウルと称して懐かしいゲームを復活した。<神戸ボウルは移動祝祭日のように開催日が変わり、再来年、還暦を迎える>
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 01:54| 記事

2008年06月19日

#10 「邂逅」−神戸ボウル2−

 米田豊さんが神戸ボウルの調査報告を送ってきて下さった。アパさんこと、島田勘兵衛氏はあくまでも律儀である。遅くなりました、と恐縮されるので、こちらがさらに恐縮の極みにある。

 今から18年前にタック牧田(本名、牧田隆)さんが「神戸ボウルことはじめ」を書かれた。アメリカの大学院でマスターをいくつも取られた上、NFLで公式カメラマンをされている。島田勘兵衛氏とご同輩のはずなので少なくとも70歳代後半である。はやりことばに乗ずれば、後期高齢者ということになろうか。ごく最近まで、あるいはまだ現役でおられるかも知れない。以前に読んだ牧田さんの書かれたものによれば、ピッツバーグで撮影し、自分で車を運転、マイアミに翌日に到着、この間の寒暖の差が摂氏50度近くということであった。まさに読むだけでめまいが起こる行動力である。

 神戸ボウルは前回書いたように第1回が1952年1月1日に行われた。第1回の優勝楯が残っている可能性についてお聞きしていたが、今回の調査の結果、第1回は神戸新聞社がまだ後援をされておらず、表彰式はなく,従って楯、カップのたぐいはなかったと判明した。豊さんが保存されているものは大会の回数表示が入っていないのだが前後から推測し第3回大会のものと思われる。今回記事に添付したものである。
3rdkobebowl.JPG

 関学の戦前からの先輩諸氏が早くから米田満先生を自分達の後継者と目し、現役時代からコーチの役割を託しておられた。米田先生は関西学院中学部、高等部の指導もされ、また弟の豊さんが在学されていた星陵高校にタッチフットボール部を作る手助けをされた。今年、関学の2年生クォーターバックで、アンダー19のスターターとして活躍した加藤君は星陵出身なので豊さんの孫の世代の後輩になる。

 星陵高校の創部は1950年、同じ頃兵庫高校にもタッチフットボール部が誕生した。星陵、アパッチ、兵庫、マキショウ(タック牧田さんのあだ名)はそれぞれ両校の仲間達のためにアメリカのようにボウル・ゲームをしたいと考えた。タック牧田さんが書かれた記事の表現お借りすれば、「自分でフットボールを探し当てた人達」であった。このアパッチとマキショウが出会い、米田先生が作られた環境の中で「神戸ボウル」を実現した。

 まだ創部間もなく部員の少ない両校はOBを含めての、全星陵と全兵庫の対戦となった。結果は6−0。前夜からの豪雨のため「七人の侍」の雨中の戦闘シーンのようであったであろう。

 以下島田勘兵衛殿からの参戦記である。

==========================
 初期の神戸ボウルについて星陵サイドの思い出話です。昭和26年末、阪急甲東園駅前に10名以上の星陵OB、現役が集結、徒歩約20分かけて関学の部室に両軍の防具を調達に出かけた。全部人海戦術である。荷物車を手配できる優れ者などいない。調達した防具を全員で持てるだけ抱えて持ち帰ったものである。勿論返却の際も同じ動作を繰り返している。如何に防具をつけたアメリカンフットボールをやりたいかの一念あったればこそと想起される。

 試合会場を村野工業高校に設定したのはアメリカンフットボールへの熱き思いからである。村野工業の位置は山陽電車長田駅(現在は地下鉄になっている)プラットホームから俯瞰して見下ろせるグランドになっている。すぐ近辺に正月は参拝でごった返す有名な長田神社がある。アメリカンフットボールのような競技など見たことのない人々に格好のPR材料になるとの確信をお互いの共通認識としてもったからに他ならない。

 当日は米田満只一人による審判の試合であった。全く草野球ならぬ草フットボールである。しかしあのわくわくした熱い感情はいまだに決して忘れられないものである。

 牧田隆の文のうち訂正しておきたいのは第2回東遊園地グランドでの一節である。2回から5〜6回までグランドの借り受けは星陵側で取り仕切っている。神戸市→神戸外人クラブのこの東遊園地グランドの管理責任者は橘さんという気性のすっきりした太っ腹なお方で我々の申し出を快く理解してくださって彼の一存でグランド使用を許可してくださったものである。礼金など一切受け取らないありがたいお方であったと記憶している。
==========================

<私からの注>
 牧田さんの文章では管理人に謝礼を渡したことになっている。この件でお二人が喧嘩をなさらぬことを祈っている。のちに無二の親友となる二人はこの第1回神戸ボウルでゲーム中にど派手なケンカをされたということである。現在なら退場かも知れない。
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 07:34| 記事

2008年06月12日

#9 神戸ボウルと明治・関学定期戦

 先週の土曜日、6月7日、第58回神戸ボウルがあった。いわずもがな今年1月3日のライス・ボウルと同じ対戦である。松下電工と関西学院大学、が、双方にとりこの時点でのゲームの意味合いは異なる。両チームの今シーズンの設計図を推理したいファンからすれば見逃せないゲームである。モーター・スポーツのF1チームのようにもてる潜在力の最大値をスタッフ、メンバー全員でどう実現するか、1年をかけて読みつづける筋書きの見えない長いSAGA(物語)の序章である。

 神戸ボウルの歴史について。
 創設への布石を打たれたのは#2で紹介した米田満先生である。弟の米田豊さんは先生と協力され第1回の神戸ボウルの準備をし、ご自分もプレーヤーとして出場された。旧制奈良中学の調査に引き続き今回もご助力を仰いだ。今後追々に紹介してゆくが、他にも努力された多くの同輩がおられたことは言うまでもない。第1回大会はアメリカのボウル・ゲームにならって元旦に行われた。1952年(昭和27年)のことである。このときの優勝盾が保存されているという。今から20年近く前にこのボウル・ゲームの起源を調べた時にはなかった情報である。現在このことも含め資料の整理をしていただいているので詳細は回を改めたいと思う。

 さて、今週末の14日(土曜日)に明治大学・関西学院大学定期戦が行われる。最初の対戦は1948年(昭和23年)1月25日、場所は甲子園球場である。終戦後まだ間もない時なので、時代状況が現在と大きく異なる。第1回の甲子園バウルも現在の冬、12月第3週の日曜日とは異なり、春の1947年4月13日に行われた。明治・関学の試合日が1月という野球のオフであったのに加え、戦争のためグランドも荒廃しておりゲームができるフィールドが限られていたという事情もあった

 前述「バウル」ということばには説明が必要である。当時「甲子園ボウル」は第5回大会まで「バウル」と表記された。英語の“Bowl”、例えばサラダ・ボウルなどのように競技場がボウルの形をしていることに由来している。そのカタカナ表示が「バウル」であった。こうした例は他にも幾多ある。現在でも古いビルの玄関に「○○ビルジング」と書かれていたりする。したがっては第5回までは「甲子園バウル」であり、第6回の1951年から現在の「ボウル」に落ち着いた。

 第1回の対戦は、13−6で明治の勝利だった。1948年当時にタイム・スリップする。戦前の1934年(昭和9年)に創部し、戦争による中断までの9シーズン、関東でのリーグ戦で5度の優勝を遂げていた古豪明治にまだチームのかたちを模索し始めていた関学が胸を借りるということから始まった。はるかな格上にもかかわらず明治大学は西下してくれた。戦後、東海道本線にも急行、ましてや特急などなく普通の夜行列車で東京‐大阪間が10数時間かかった時代である。第2回目は翌1949年1月22日、関学は初めて明治を19−6で破り、新たな次元に進むきっかけをつかんだ。

 秋のシーズンが開幕した。関学は各ゲームに苦労しながらも勝利を重ね、関西学生リーグで初優勝した。そして「バウル」の時代の後期、第4回甲子園バウルに初出場し、初優勝を果たす。

 その後半世紀以上にわたり定期戦は続けられ今年で61回目になる。甲子園ボウルで明治と関学が対戦すると接戦となる傾向がある。さらに春秋、あるパターンが存在する。これまで春の定期戦で関学が明治に、0−22、0−56といった一方的なスコアーで敗戦を記録したのち、その年の甲子園ボウルであいまみえると、38−36、48−46という接戦を繰り広げる。このことに気づいたのはDVD“FIGHT ON, KWANSEI”を制作したときである。特に1985年の甲子園ボウルはめくるめくような好ゲームとなった。

 今年は大学1部リーグは東西ともに実力の接近したチームがいくつもあるのでリーグ優勝の行方は予断を許さない。しかし、明治・関学が前回1985年に甲子園ボウルで対戦したときのように現在の明治大学にはクォーターバック、ランニング・バックに逸材がそろい、今週末の対戦では両チームともフィジカルに見ごたえのあるプレイ展開してくれることを期待している。特に明治の3年生ランニング・バック、喜代吉(きよし)壮太は1985年の甲子園を沸かせ、そのすべらかで粘り強い走りを「スネーク」と形容された先輩ランニング・バック、吉村祐二に勝るとも劣らないといわれている。「喜代吉」という日本で12軒しかない稀少な姓を持つランニング・バックは1年生の時に一度見たきりだが、明治大学時代にはタイト・エンド、社会人になってからはワイド・レシーバーとして活躍した堀江信貴のようなプレイ・スタイルなのではないかと想像している。
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 06:51| 記事

2008年06月04日

#8 関学と日大

 フットボールの世界で「赤と青」というコトバを聞くとき、多くの人は日大と関学のライバル関係を思い浮かべるのではないだろうか。先日、6月1日の日曜日、第22回のヨコハマ・ボウルで両校の対戦があった。このゲームの模様は日本テレビが制作し、地上波とCS局のG+でまだあと計2回放送される予定となっている。したがってその時初めてご覧になる方のために試合経過については書かないでおくのが礼儀だと思うのでこれ以上には触れない。

 関学と日大は春の定期戦があるので毎年対戦があるのだが、甲子園ボウルでは1989年以来対戦が遠のいていた。関東学生リーグにおいて法政大学をはじめとする他大学の台頭があり、常勝日大は長く甲子園ボウル出場を阻まれていた。しかし昨年、1990年以来17年ぶりに甲子園ボウルに登場し関学との対戦となった。両校が過去に積み重ねてきた名勝負におとらぬ接戦を繰り広げ、稀に見る好ゲームとなったのは記憶に新たなところである。

 両校の創部はほぼ同じころである。日大、1940年(昭和15年)、関学、1941年。1934年(昭和9年)、1935年に関東で明治、早稲田、立教、慶応、法政、関西で関大が相次いで創部したあと、しばらく大学のフットボール部設立に空白期間があった。6、7年をおいて日大、関学、関西で同志社が日大と同じ1940年に創部したのをもって戦前の創部活動は終った。戦局が悪化しフットボールは敵性スポーツとみなされたからである。競技の名前も「鎧球(がいきゅう)」と呼びかえられ、1943年には強制的に活動を停止させられた。

 戦後、フットボールの復活は比較的早く、関西,関東とも終戦の翌年、1946年に、学生連盟を再発足させている。関学はその年から計画的にチームの強化を計り、1949年(昭和24年)には甲子園ボウル初制覇という成果をあげた。翌年連覇を果たしたが、立教大学がTフォーメーションという当時においては新たな戦術を取り入れ、1951年、1952年と甲子園ボウルを制した。このあと関学は中学部からタッチフットボールに親しんできた世代が高等部、大学と一貫してフットボールを続け、1953年から甲子園ボウル4連覇という第一期黄金時代を築く。

 日大は踵(きびす)を接するように1952年から4年計画で本格的な強化に取り組んだ。大学の系列高校を中心に優れた人材をリクルートし、ハードかつ科学的なトレーニングを続けた。そして4年目の1955年、甲子園ボウルに初出場し、関学と同点優勝を果たす。その日大に間接的にだが、ひとつのきっかけを提供したのは関学だった。

 関学が甲子園ボウルを初制覇した1949年、暮れも押し詰まったころ、関学アメリカンフットボール部に突然の来訪者があった。人物は大阪警視庁のものだと名乗った。現在の大阪府警は当時、大阪警視庁と呼ばれていた。警察からの不意の訪れに、部員は甲子園ボウルの祝勝会で羽目を外したことへの咎めかと緊張したという。しかしことはまったく意外な展開となった。時の警視総監、鈴木栄二の肝いりで大阪警視庁にフットボール部をつくるのでその相談に預かってほしいというものであった。

 翌1950年1月、大阪警視庁にアメリカンフットボール部が発足する。関学甲子園初優勝の闘将、渡辺年夫主将が中心となった。渡辺が厳しい指導を行い機動隊員を鍛え上げ、大阪警視庁は非常に当たりの強い厳しいフットボールをする強いチームに育った。

 日大が大阪警視庁と相まみえた。このとき対戦した日大のかたのことばをお借りする。「・・・対戦してその体当たり精神に木端微塵に粉砕されたが、相手が新生チームと侮っていたばかりにその強烈な闘争意識に圧倒された・・・」。こうした経緯があったのち、関学、日大両校が最初に対戦したのは1954年(昭和29年)9月6日である。そのとき関学は日大が大阪警視庁と対戦したとき日大が警視庁から受けた印象と非常によく似た激烈な衝撃を日大から受けたという。このとき以降の日大がまさしく大阪警視庁のようなチームであるのはらせん状に進む歴史の不思議である。

 ついでながら当時の関西学生リーグは秋のリーグ戦が9月の下旬から始まっていたので9月はじめにこうした交流戦を行うことが可能であった。この年と翌年、春秋数度の交流戦を経たのち、第1回の定期戦が行われるのは1967年である。各年の対戦結果については、折り良く「タッチダウン」誌が最新号、No.468、7月号の巻末で東西大学1部各校の定期戦を一覧表にまとめておられるのでそちらを参照いただければ幸いである。
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 19:44| 記事

2008年05月28日

#7 関西学院初等部 歴史の始まり

 生物がDNAの二重らせんによって自らを複製するように、歴史も繰り返される。見方によっては繰り返さないという考えもある。前者につくならば歴史の研究は二重らせんの研究と似ている。「歴史を学ばないものはその日暮らしをする」という箴言(しんげん)がある。同じあやまちを繰り返さないためのいましめだが、現実世界はそうでないことを経験的に感じる人は多いであろう。またこのカルマ(業)を東洋的諦観をもって受け入れざるを得ない境遇があることも事実である。

 先週土曜日に今年4月に開校した関西学院初等部の見学会に出かけた。学院の建築の伝統を踏まえた簡素にして美しい施設だった。校舎のベージュ色の外壁が雨の中、新緑に映えている。1929年、ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した学院の原型となるスパニッシュ・ミッション・スタイルに則ったデザインである。ヴォーリズは教会、学校をはじめとする多くの建築設計を手がけ、日本の近代建築史に大きな足跡を残した。

 チャペルも質実である。パイプオルガンも備わっていた。演奏を聴く機会があればさらに素晴らしいと思われる。初等部長(校長)の磯貝暁成(あきなり)先生がこのチャペルで見学に先立ってお話をされた。多くのすばらしいお話をされたが特に印象に残ったのは次の2つである。中庭は通常四方を壁に囲まれているのだが願われて、三方をガラス空間にし開放的なスペースにされたこと。また、百数十種、2千2百本の樹木を植えられたということ。

 以下、個人的な感想である。

 「パティオ(スペイン建築の中庭)は子どもの魂である。教室を巡る回廊には渡辺禎夫画伯の、ルオーの「ミゼレーレ」を想起させる版画が飾られている。人が回廊にいるときは建物の中にいるのだが、パティオにいれば回廊は魂を取り囲む外界である。パティオにいてキリストの一生を感受することにより底流に悲哀が流れる世界をありのままに受け入れることが可能である。

 それぞれの樹に名前を記したプレートがそえられている。子供たちがカタカナを読めれば樹の名前を自然に覚えるだろう。いつか木々は森のようになり小宇宙になる。多くの動物は捕食のために移動しなければならないが樹は動かず自給し自足して生きる。

 空海は万能の天才であり優れたデザイナーであった。マンダラを立体にデザインして五重塔を組み上げた。これと等質の精神がこの学校をデザインしており、奇(くす)しき跡をしるすアイコンをいたるところに見ることができる」

 現在は1年生から3年生までの3学年だが、4年生になればフットボールも行うという。ここから育った子どもたちがいずれ日本のフットボール史に新しい歴史を刻むかもしれない。校舎玄関の両脇に一対のヤマモモが植えられていた。一昨年、アメリカンフットボール部創部65周年を記念して作られたDVD“FIGHT ON, KWANSEI”の制作に参加させていただいた。そのときFIGHTERSのベースである第3フィールドの土手のフィールド全体を見渡せる小高い場所にヤマモモの樹が植えられていることを教えられた。この符合は偶然なのだろうかと思いつつ校舎を後にした。
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 06:49| 記事

2008年05月21日

#6 「ダック」のセカンド・ネームは ―新制中学タッチフットボールことはじめ―

 ポプラがはばたいていた。北稜中学のクォーターバック一刀(いっとう)康弘はポプラの葉をさやがす風を受けつつ、右エンドの宮村がフィールドをアクロスし、エンドゾーン左隅に向かって疾駆しているのを視界の端に感じていた。一刀は長身の宮村のコースとパスの放物線が交わる地点を無意識でとらえボールをリリースした。見えない二本の線が徐々に接近していった。宮村が手を差し伸べたのはほとんどエンドゾーンの手前だった。宮村の速度とボールの速度がほぼ一致し両手にふわりとおさまった。そしてレシーバーはその勢いのままゴール・ラインを駆け抜けた。

 1951年(昭和26年)11月6日のゲームである。相手は関西学院中学部。当日のゲームで大阪市立北稜中学の挙げたタッチダウンはこの一本のみだった。結果は24−7で関学が勝った。両校は1949年から年に一度、ゲームを行ってきた。

1949年 11月3日  関学中学部 19−6 北稜中学 関学グランド
1951年  3月21日   々   45−0  々   西宮球技場

 前回の記事に書いた集まりのとき一刀さんにも来ていただいていた。一刀さんは1949年度から1951年度まで北稜中学に在学された。大阪市の市立中学で昭和20年代にタッチフットボールが行われていたのは「関西アメリカンフットボール史」に書いた通りである。米田さんとのインタビューをはからってくださった方が一刀さんもご存知で、すでに昨秋はじめにご紹介いただいていた。遠い以前に部がなくなっていることもあり、本を制作した2003年時点では北稜中学でプレイされた方々の消息がつかめていなかったからである。

 1951年11月6日のゲームの時、関学中学部のチームにハドルで「ダック」と呼ばれている少年がいたと一刀さんは記憶されている。一刀さんが進学された大阪府立北野高校に泉陽一郎という同級生がいた。泉は関学中学部出身で二人はともにサッカー部に入部した。その泉が関学中学部のタッチフットボール部に一刀さんを知っているものがいたといった。その生徒のあだ名が「ダック」だった。昨秋お話をしているとき一刀さんはふとその「ダック」のフルネームを知りたいといわれた。できれば会うことができれば、とも。その後、関学中学部の同学年の方たちはもちろんのこと前後の学年の方々にもお問い合わせしたが該当する人がいなかった。

 集まりで一刀さんから「ダック」の話が出た数日後、米田さんが両校の記事が載った雑誌を捜してくださった。フットボールの専門誌「タッチダウン」に掲載された記事である。関学中学部タッチフットボール部のセイル・アウト・メンバーで、大学において史上初の甲子園ボウル4連覇を果たした学年の丹生恭治が書いた記事である。丹生は卒業後、共同通信社に勤務し、同時に「タッチダウン」社の顧問となってフットボールの啓蒙、普及に膨大なエネルギーをそそいできている。4半世紀以前「タッチダウン」に「フットボール夜話」というエッセイの連載を行った。この連載の中で「関学の話」というシリーズ・イン・シリーズの企画が1984年春から始められた。企画の第8回に両校の最初のゲーム実現までのはなしと簡略な試合内容が記載されている。

 1949年11月3日に行われた関学中学部と北稜中学のゲームは双方ともに創部第一戦の試合だった。まだ新制中学は一年前にスタートしたばかりであり、タッチフットボールの組織もあるかなきかの時代だった。指導教官の助けはあったものの、日本フットボール史に名クォーターバックとして名前を残す鈴木智之が奔走してほぼ独力でこのゲームを実現した。鈴木は実業家として成功し、フットボールのために今なお多大の貢献を続けている。英独二ヶ国語に堪能であり日本の枠をはるかに超えたコスモポリタンである。その優れたプロデューサーの資質の片鱗をこのときすでにかいま見させていた。「関学の話」が書かれた1985年時点でもこの最初のゲームからはすでに36年が過ぎており、いくつかの断片を除き試合経過や北稜中学についての詳細は遠い記憶のベールのかなたにある。

 残念ながら3回目のゲームの記載はなかった。一刀さんに「ダック」のことを話した泉もすでに2年前に他界している。したがって現在、まだ「ダック」のセカンド・ネームは不明のままである。

 ただ下記のように1949年度のメンバーは写真ながら59年ぶりに邂逅(かいこう)した。左が北稜中学、右が関学中学部である。1年生の一刀さんは前列左から2番目で賞状を持っている。関学のほうには米田さんが現時点で判明している名前をいれてくださった。一刀さんと同学年の「ダック」もすでにこのメンバーの中にいてファインダーにむかって笑っているかも知れない。

kgjh_hokuryojh.jpg
posted by 日本アメリカンフットボール史 at 16:03| 記事